○燕市乳児全戸訪問(こんにちは赤ちゃん)事業実施要綱

平成20年5月29日

告示第160号

(目的)

第1条 この告示は、生後4箇月までの乳児のいるすべての家庭に対し、看護師及び保育士並びに子育て経験のある者(以下「訪問従事者」という。)による家庭訪問を実施し、様々な不安及び悩みを聞き、子育て支援に関する情報提供を行うとともに、親子の心身の状況や養育環境等の把握を行い、支援の必要な家庭に対しては、適切な助言及びサービス提供に結びつける事業(以下「事業」という。)を実施することにより、母性及び乳児の健康の保持及び増進を図り、もって母子保健の向上に寄与することを目的とする。

(実施主体)

第2条 事業の実施主体は、燕市とする。

(対象家庭)

第3条 事業の対象は、市内に住所を有し、生後4箇月までの乳児がいるすべての家庭(以下「対象家庭」という。)とする。

(訪問指導の内容)

第4条 訪問従事者は、派遣された対象家庭に対し、次に掲げる指導等(以下「訪問指導」という。)を行う。

(1) 育児に関する不安及び悩みに関する相談

(2) 子育て支援に関する情報提供

(3) 支援の必要な対象家庭に対し提供するサービスの検討及び関係機関との連絡調整

(訪問指導の時期及び回数)

第5条 訪問指導は、対象家庭の乳児が生後4箇月を迎える日までの間に1回行う。ただし、生後4箇月を迎える日までの間に、健康診査、保健指導等により親子の状況が確認でき、かつ、対象家庭の都合等により、生後4箇月を経過して訪問せざるを得ない場合は、この限りでない。

(訪問従事者の遵守事項)

第6条 訪問従事者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 訪問指導を行うときは、市の発行する身分証明書を携行すること。

(2) 対象家庭において事故が発生したときは、その状況を速やかに市長へ報告すること。

(3) 対象家庭の家族の身上その他の職務上知り得た個人に関する情報を、他人に漏らし、又は不当な目的に使用してはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(報告等)

第7条 訪問従事者は、対象家庭を訪問指導した後、こんにちは赤ちゃん事業訪問指導票(様式第1号)及びこんにちは赤ちゃん事業訪問指導報告書(様式第2号)を作成し、翌月の10日までに市長へ報告するものとする。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成20年6月1日から施行する。

画像画像

画像

燕市乳児全戸訪問(こんにちは赤ちゃん)事業実施要綱

平成20年5月29日 告示第160号

(平成20年6月1日施行)