○燕市井土巻高速バス乗場駐車場要綱

平成27年3月27日

告示第73号

(趣旨)

第1条 この告示は、高速バスを利用するため、井土巻高速バス乗場駐車場(以下「駐車場」という。)を利用する者(以下「利用者」という。)に対し、当該施設の維持管理費に充てるため、駐車場利用協力金(以下「利用協力金」という。)を求めるに当たり、必要な事項を定めるものとする。

(利用の申込み等)

第2条 利用者は、井土巻高速バス乗場駐車場利用申込書(様式第1号)を市長に提出し、承認を受けるものとする。

2 市長は、前項により承認した者であっても、施設の利用上支障があると認める場合その他相当の理由があると認める場合は、承認を取り消すことができる。

(利用協力金)

第3条 前条の承認を受けた利用者は、当該承認を受けた日から30日以内に利用協力金を支払うものとする。

2 利用協力金は、1台あたり月額500円とし、当該駐車場を利用する月数で乗じた金額を一括で支払うものとする。

(利用登録証の交付等)

第4条 第2条第1項により承認された利用者には、利用登録証(様式第2号)を交付する。

2 利用登録証は、駐車の際外から見える運転席前部に掲示するものとする。

3 駐車場の利用を終了する際利用者は利用登録証を返還するものとする。

(交付決定の取消し及び利用登録証の返還)

第5条 市長は、利用者が偽りその他不正手段により利用登録証の交付を受けたときは、当該交付決定を取り消すことができる。

2 市長は、前項の場合において、当該取消しに係る者に対し、利用登録証の返還を命ずることができる。

(利用協力金の還付について)

第6条 既納の利用協力金は、還付しない。ただし、次条の規定により駐車場の全部又は一部の供用を休止したとき、その他市長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

2 前項ただし書の規定により利用協力金の還付を受けようとする者は、井土巻高速バス乗場駐車場利用協力金還付申込書(様式第3号)を市長に提出するものとする。

3 還付する利用協力金の額は、利用できないこととなった月数に500円を乗じた額とする。ただし、月の途中であってはその月を除くものとする。

(休止)

第7条 市長は、駐車場の整備、補修その他管理上必要があると認めるときは、駐車場の全部又は一部の供用を休止することができる。この場合において、当該駐車場の見やすい箇所にその旨を掲示するものとする。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

燕市井土巻高速バス乗場駐車場要綱

平成27年3月27日 告示第73号

(平成27年4月1日施行)