本文へジャンプする

現在のページ

教育・生涯学習・スポーツ

仲野教育長あいさつ

仲野教育長写真小サイズ

教育長就任にあたって

 このたび、新潟県燕市教育委員会教育長に就任いたしました仲野孝です。地方教育行政法の改正に基づく「新教育長」を任命され、その重責に身の引き締まる思いですが、燕市の教育の充実・発展のために誠心誠意取り組んでまいります。
 さて、現在の燕市は、平成18年3月に旧燕市、吉田町、分水町の1市2町の合併により誕生し、今年の3月には、合併10周年の記念式典が行われ、新たな10年に向けてスタートをしました。そして、平成20年9月に全国的に見ても例のない「教育」を冠につけた教育立市宣言を行い、「豊かな人間性と創造性を備え、郷土に愛着をもったひとづくり」を推進しています。

 燕市では、平成28年度の施政方針として「地域に根ざした教育の推進と子育て支援」を基本方針の1つとして掲げ、その具体的な施策として「知・徳・体を育成する教育の推進」と、「安心して産み育てられる子育て支援」を掲げております。
 1つ目の「知・徳・体を育成する教育の推進」については、「新潟大学教育学部とのパートナーシップ事業」や「中学生学力向上対策プログラム」、さらには、当市独自の「Jack&Bettyプロジェクト」を継続・発展させます。また、早期からのキャリア教育を一層推進するため、小学生を対象とした農業体験活動「つばめキッズファーム事業」や、中学生を対象とした職場体験活動「Good Job つばめ推進事業」、加えて「長善館学習塾」や「燕キャプテンミーティング」の充実を図っていきます。
 
 2つ目の施策である「安心して産み育てられる子育て支援」については、市立保育園における園児の保育環境の充実を図るため、老朽化が進んでいる園の増改築計画などに対応してまいります。
 また、これまで以上にスポーツの振興やスポーツをとおした健康づくり、各種講座や公民館、図書館等を介した文化振興などの充実が必要と考えています。
 
 燕市民のために、職員とともに全力で取り組んでまいりますので、皆様のご支援とご協力をよろしくお願いいたします。
平成28年4月     
燕市教育委員会教育長 仲野 孝
PDF版はこちらからダウンロードできます
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会学校教育課

電話番号:0256-77-8211

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る