本文へジャンプする

現在のページ

教育・生涯学習・スポーツ

燕市分水良寛史料館 良寛ゆかりの地

良寛ゆかりの地

和銅2年の開基と伝えられる古刹ですが、南北朝から戦国時代にかけて衰微しました。江戸中期、客層万元らの尽力によって、伽藍の整備再建が行われ、本堂は享保3年(1718)に完成し、今日に至っています。

万元は国上寺から小さな庵を与えられ、毎日粗米五合を給されたことから五合庵と名付けました。その後、国上寺住職が隠居所として使用したりしました。文化元年(1804)から文化13年(1816)にかけて良寛が住みました。

乙子神社の乙子とは「末子」という意味で、弥彦神の末っ子の神を祀っています。良寛はこの神社境内の草庵に文化13年から文政9年(1826)まで住みました。

国上寺

国上寺

五合庵

五合庵

乙子神社草庵

乙子神社草庵

このページに関するお問い合わせ

教育委員会社会教育課(燕市総合文化センター内)

電話番号:0256-63-7002

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る