本文へジャンプする

現在のページ

教育・生涯学習・スポーツ

1月26日は文化財防火デー

守ろう!燕の文化財

 毎年1月26日は、文化財防火デーです。
 この日は、日本最古の木造建築物として世界的に有名な法隆寺金堂の壁画が焼損した日(昭和24年)にあたります。また、1年のうち1月~2月が最も火災被害が多いことから、文化庁と消防庁では、この日を「文化財防火デー」と定め、人類共通の財産である文化財を火災などの災害から守る運動を全国的に行っています。

 燕市内にも、多くの有形文化財が存在します。それらは、火災などにより滅失すれば、再び回復することは不可能です。かけがえのない燕の宝を守るため、文化財周辺の火器の取り扱いや警備など、地域全体での取り組みをお願いします。

 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会社会教育課(燕市総合文化センター内)

電話番号:0256-63-7002

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る