本文へジャンプする

現在のページ

教育・生涯学習・スポーツ

東京オリンピック・パラリンピックへの取り組み

東京2020オリンピック・パラリンピックのホストタウン構想

ホストタウン構想とは

「ホストタウン」は内閣官房が推進している構想で、自治体と東京オリンピックパラリンピック参加国・地域との人材・経済的・文化的な相互交流を図るとともに地域活性化等を推進することを目的とするものです。

ホストタウン構想への登録

  燕市は、新潟県、新潟市、長岡市、五泉市、弥彦村とともにモンゴル国を相手国とし、国が進める「ホストタウン構想」に2016年1月26日に登録されました。
今後、この構想に基づきまして様々な交流事業などを推進していく予定としています。

新潟県での登録団体は下記のとおりです。
 
●新潟県内の登録団体
登録団体 事業名等
新潟県、新潟市、長岡市、五泉市、燕市、弥彦村 モンゴル・新潟交流促進プロジェクト
上越市 上越市ホストタウン事業(ドイツ連邦共和国)
柏崎市 柏崎市国際スポーツ交流事業(モンテネグロ/セルビア共和国)
十日町市 2020東京オリンピック・パラリンピックを契機とした
「十日町市とクロアチア共和国との友好交流推進事業」

2020東京オリンピック・パラリンピックホストタウン燕市推進委員会

平成32年に東京で開催される、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」の開催に係る施策を総合的に推進し、本市の更なる活性化につなげるため、2020東京オリンピック・パラリンピックホストタウン燕市推進委員会を平成28年4月8日 金曜 に設置しました。
「ホストタウン構想」を推進し、アーチェリー競技を通じて交流を深めることでスポーツが活発になり、また、地域の活性化に繋がるものと考えています。

詳細についてはこちら ↓
2020東京オリンピック・パラリンピックホストタウン燕市推進委員会設置要綱(PDF/143KB)
2020東京オリンピック・パラリンピックホストタウン燕市推進基本方針(PDF/252KB)

委員会の開催状況等はこちら

平成28年4月8日 金曜 の第1回総会の様子
平成28年4月8日 金曜 の第1回総会の様子

東京2020オリンピック・パラリンピックアーチェリー競技キャンプ地ガイド

東京2020オリンピック・パラリンピックを地域活性化を促進する絶好の契機として捉え、国際交流やスポーツの振興だけでなく地域の活性化を図るため、キャンプ地の誘致を推進しています。

アーチェリー競技キャンプ地ガイド
日本語(PDF/4.75MB)
英語(PDF/5.49MB)
仏語(PDF/5.14MB)

モンゴル国との交流

モンゴル国パラアーチェリー協会と覚書の締結

2016年4月19日に燕市とモンゴル国パラアーチェリー協会は合同練習と東京2020パラリンピック競技大会の事前キャンプ地について覚書を締結しました。

この覚書に基づき、2016年度よりモンゴル国パラアーチェリー協会が、事前キャンプを、燕市吉田アーチェリー場において行います。
今後、モンゴル国とスポーツ交流に加え、文化・産業交流を図る予定です。

調印後の記念撮影
調印後の記念撮影
(左、D.バータルジャブモンゴル国パラアーチェーリー協会会長・右、鈴木市長)

覚書
日本語(PDF/67KB)
モンゴル語(PDF/71KB)

モンゴル国パラアーチェリー選手団キャンプ情報

合同練習と東京2020パラリンピック競技大会における事前キャンプに関する覚書をモンゴル国パラアーチェリー協会と4月19日に締結いたしました。それに伴い7月25日(月) ~ 8月15日(月) にかけて9月に開催されたリオデジャネイロパラリンピックに出場した選手3名を含めた6名の選手と2名のコーチ 計8名が燕市で事前キャンプを実施し、市民のみなさんとスポーツ交流・文化交流を行いました。
交流会・体験会の実施状況
 スポーツ交流会・アーチェリー体験会・文化交流会の実施状況はこちら
モンゴル国パラアーチェリー選手団が燕市長へ表敬訪問されました
7月25日(月) ~ 8月15日(月) にかけて燕市で行われる事前キャンプに先立ち、7月26日 火曜 燕市役所にて、燕市長へモンゴル国パラアーチェリー選手団8名の方々が表敬訪問されました。
当日は、選手団の代表として、バータルジャブ会長からリオパラリンピックへの意気込みと、燕市長から労いと励ましのあいさつがありました。
選手団の方々との記念撮影
選手団の方々との記念撮影
モンゴル国パラアーチェリー選手団壮行会を行いました
 9月に開催されるリオデジャネイロパラリンピックに向け激励の意味を込め、壮行会を開催しました。燕市長・燕市体育協会会長から激励のことばがあり、激励品も贈呈されました。
 バータルジャブ会長と鈴木市長の記念撮影
全員での記念撮影
モンゴル国パラアーチェリー選手団2016リオデジャネイロパラリンピック結果
2016リオデジャネイロパラリンピックの結果はこちら

【延期】東京2020オリンピック県内聖火リレー

東京2020大会の延期決定に伴い、東京2020オリンピック聖火リレーも延期する旨が組織委員会より発表されました。
今後の予定など発表がありましたら、改めてお知らせいたします。

新潟県内の聖火リレー実施市町村

【1日目】日程:未定  糸魚川市→上越市→柏崎市→十日町市→南魚沼市
【2日目】日程:未定  長岡市→三条市・燕市→弥彦村→新潟市→新発田市→阿賀町→村上市

(詳しくは新潟県のホームページをご覧ください)
東京2020オリンピックの県内聖火リレーについて(外部リンク)

三条市・燕市ルート情報

【出発予定地】燕三条駅三条口
【到着予定地】燕三条地場産業振興センター
【セレモニー会場】燕三条駅三条口

(詳しくは新潟県のホームページをご覧ください)
東京2020オリンピック聖火リレー  新潟県内ルート(外部リンク)

※聖火リレー実施にあたり出発予定地・到着予定地・ルート周辺では交通規制が行われます。近隣にお住いの方、お勤めの方にはご不便をおかけいたしますがご協力をお願いいたします。なお、詳しい交通規制箇所・規制時間帯は、現在、東京2020組織委員会、東京2020オリンピック聖火リレー等新潟県実行委員会、警察等機関による調整をしています。別途情報が入り次第お知らせいたします。

【中止】オリンピック聖火リレーボランティア募集

新潟県内の聖火リレーは、2020年6月5日(金曜日)から6日(土曜日)に行われます。新潟県実行委員会では、聖火リレーの運営を支えるボランティアを募集しています。
【応募対象】
・2002年(平成14年)4月1日以前に生まれた方
【募集対象】
・燕市、三条市ルートで活動する方:240人程度
【活動内容】
リレー沿道やセレモニー会場の観覧者整理、交通整理など(活動時間は概ね4時間程度)
【応募方法】
新潟県ホームページの応募フォームまたは所定の申込用紙を県実行委員会に郵送、FAX、メール
【応募期間】
3月6日(金曜日)から4月10日(金曜日)まで
※募集定員に到達した区間から、順次締め切り
【その他】
・活動に当たって、ボランティアであることが識別できるウェアを支給予定
・県実行委員会において、一括で傷害保険、損害賠償責任保険に加入予定
・活動内容に関する事前説明会に必ず出席してください。開催日程等の詳細は、後日メールにより、県実行委員会からお知らせします。
※詳しくは、県ホームページ(「新潟県スポーツ情報」のページ)でご案内しています。(外部サイトへ移動します)
【問合せ・申込先】
東京2020オリンピック聖火リレー等新潟県実行委員会
〒950-8570新潟市中央区新光町4番地1
(新潟県県民生活・環境部スポーツ課内)
電話:025-280-5951
メール:ngt030190@pref.niigata.lg.jp

【延期】東京パラリンピック聖火リレー 聖火フェスティバル

東京2020大会の延期に伴い、東京パラリンピック聖火リレー聖火フェスティバルの日程が変更となります。
今後の予定など発表がありましたら、改めてお知らせいたします。


新潟県で開催される東京パラリンピック聖火フェスティバルにおいて、パラリンピック聖火の「採火」を県内全市町村で実施します。燕市で行う「採火式」の場所等の詳細は現在調整・検討中です。
(2020年2月以降東京2020組織委員会より公表される予定です。)

【参考】東京2020パラリンピックの聖火について
  東京2020パラリンピック競技大会の聖火は、イギリスのストーク・マンデビルで採火が行われますが、国内各地でも採火が行われ、各地で採火した火開催都市東京で一つの火に集められた後、東京2020パラリンピック競技大会の聖火となります。

  東京2020パラリンピック聖火リレーは「Share Your Light(英語)/あなたは、きっと誰かの光だ。(日本語)」をコンセプトに、開催都市である東京都及びパラリンピック競技開催県である埼玉県、千葉県、静岡県においてトーチで火をつなぐリレーが行われ、新潟県を含む43道府県では、「採火」と採火した火の訪問イベントの「聖火ビジット(任意)」、採火した火を開催都市東京に送り出す「出立」など、これらを総称した「パラリンピック聖火フェスティバル」を実施します。
東京2020パラリンピック聖火リレー 聖火フェスティバル 新潟県(外部リンク)

【延期】東京2020パラリンピック聖火リレーのスケジュール

・日程:未定
 「採火」や「出立」などの「聖火フェスティバル」を新潟県を含む43の道府県で実施
・日程:未定
 パラリンピック競技開催4都県(静岡、千葉、埼玉、東京)で「採火」・「聖火リレー」・「出立」などの「聖火フェスティバル」を実施
・日程:未定
 47都道府県の火を東京で一つに統合する「集火式」を実施
・日程:未定
 統合された一つの「東京2020パラリンピック聖火」により、開催都市東京で聖火リレーを実施

オリンピック・パラリンピックに関連するイベント

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会社会教育課 スポーツ推進室

電話番号:0256-77-8368

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る