本文へジャンプする

現在のページ

教育・生涯学習・スポーツ

学校給食の取り組み

学校給食は、栄養バランスのとれた食事を提供する役割ばかりでなく、日本型食生活を中心とした望ましい食習慣づくりの実践の場でもあると言われています。
学校給食を通じて子どもたちが自分で正しい食生活を身につけるために、様々な取り組みを行っています。

学校給食の取り組み

学校給食統一献立

燕市では、学校給食の統一献立を実施しています。このことにより、市内の小中学生全員に同じ給食が提供されています。
 

第1回学校給食川柳表彰式(2016.12.3 燕市役所)

 学校給食について関心や理解を深めてもらうための新たな取り組みとして、市内小中学校の児童生徒を対象に、給食を題材にした「給食川柳」を募集しました。

 応募総数527句、児童生徒516名の応募があり、審査の結果、「市長賞」1句、「教育長賞」1句、「優秀賞」10句が選ばれました。12月3日午前10時から、保護者や家族の見守るなか、入賞した12名の皆さんの表彰式を行いました。

(入賞作品)
【市長賞】燕西小学校6年 岡田 渉太さん
いただきます 感謝の気持ちで 手をあわす

【教育長賞】小中川小学校4年 更科 汐音さん
白衣着て おかずとともに 愛も盛る

【優秀賞】
・燕東小学校3年 スティーン 花怜さん
五時間目 元気まんまん 給食で

・燕西小学校1年 本間 音亜さん
きらいだと いいつつぜんぶ たべちゃった

・小池小学校4年 一ノ瀬 美蘭さん
午後からも がんばる力 いただきます

・大関小学校5年 土田 穏忠さん
いただきます じもとのおこめ たべてます

・大関小学校6年 高山 航さん
食べ物は おれの血となり 肉となり

・粟生津小学校5年 河合 謙進さん
おいしいな みんなのはしが おどってる

・吉田小学校4年 佐野 渚月さん
きゅうしょくを ワクワクきぶんで まつわたし

・吉田北小学校2年 加藤 凱也さん
ちょうりしさん おいしいきゅう食 ありがとう

・分水小学校3年 水町 颯士さん
ひるやすみ きゅうしょくたべて フルパワー

・分水小学校6年 高橋 うみさん
おかわりは ちょっぴりはずかし じょしごころ

(表彰式の様子)
●市長賞 岡田渉太さん              ●教育長賞 更科汐音さん
市長賞 岡田渉太さん 教育長賞 更科 汐音さん
●給食川柳選者の森山氏             ●燕ジュニア検定の表彰も同日に行いました
給食川柳選者の森山氏 表彰式の様子

●給食川柳表彰者11名と記念撮影(1名ご欠席)
給食川柳集合写真
        学校給食に寄せる想いをありがとうございました!

学校給食調理コンクール(2013.8.2)

新潟県が主催する学校給食調理コンクールで優良賞を受賞しました。
 燕市の農産物と市内の企業と共同で開発した食器類、スプーンをアピールする内容で、
「こんな食材が学校給食で提供できるのか!」と驚かれた献立です。

                                     


 ★チームきららんの出品メニュー
    ○燕産たっぷり「そら豆と湯葉のあんかけ丼」(つば九郎米ごはん)
    ○燕産ナスの和風みそグラタン
    ○アスパラときゅうりの昆布あえ
    ○越後姫と桃太郎トマトのゼリー

学校給食がレストランに登場!(2013.7.12~2013.7.19)


燕市では、学校給食用食器等を年次計画にそって入れ替えています。学校給食のスプーンがリニューアルされることを記念し、7月12日(ナイフの日=洋食器の日)
から1週間をスプーン週間として、スプーンを使った献立を実施しました。
 燕三条地場産業振興センター内のレストランメッセピアでは、学校給食のスプーン週間と同じ週に給食メニューがレストラン用にアレンジされて登場しました! 
              
                           


        

 

「燕産農産物を使った我が家の絶品朝ごはんレシピ」募集!(2013.10.1発表)

 

「燕市の農産物を使ったアイディアレシピ」募集!(2012.10.1発表)

「我が家の自慢料理、絶品メニュー」募集!(2011.10.5発表)

ランチバイキング(2009)

昨年度に続き、今年も分水地区の島上小学校で「バイキング給食」を実施しました。島上小学校のランチルームでは、美味しそうに盛りつけられた料理を前に子どもたちの歓声が上がりました。

盛りつけられた料理
(盛りつけられた料理)
配膳の様子
(配膳の様子)
子どもたちの様子
(子どもたちの様子)

給食フェア(2009.11.21 分水公民館)

分水公民館を会場に、燕市職員組合主催による「給食フェア」が開催されました。

学校給食で実際に提供されている食事が試食できるということもあり、150人分の試食券の前売りも好調で、当日は給食を楽しみに来場した市民でにぎわいました。

調理は学校給食に従事する調理員が担当し、保育園等の調理員も配膳に加わって準備された食事はアッという間にお腹の中へ。会場のあちらこちらで「おいしい!」の声。

栄養バランスもよく季節感にも配慮した学校給食には、燕市の地場産野菜が使用されています。衛生管理にも十分注意して作られる学校給食を理解するための良い機会となりました。

給食を紹介するパネル前で
(給食を紹介するパネル前で)
当日の献立
(当日の献立)
いただきます
(いただきます)
配膳の準備
(配膳の準備)

関連する用語

給食週間

全国学校給食週間(ぜんこくがっこうきゅうしょくしゅうかん)とは、学校給食の意義や役割について児童生徒や教職員、保護者、地域住民の理解と関心を深めるための週間。

昭和25年に文部省が通知した「全国学校給食週間の開催」により、毎年1月24日から1月30日と定めら、昭和26年から実施されています。

これは、学校給食記念日である12月24日が多くの地域で冬休み期間に当たるため、1ケ月後の1月24日から1週間としたことによります。

食育の日

平成18年3月31日に政府の食育推進会議において「食育推進基本計画」が決定され、国、地方自治体、関係団体等が協力して食育推進運動を継続的に展開し、食育の一層の定着を図るため、毎年6月を「食育月間」、毎月19日を「食育の日」と定めています。

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会学校教育課

電話番号:0256-77-8211

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る