本文へジャンプする

現在のページ

教育・生涯学習・スポーツ

小中学校におけるブロック塀等の点検結果について(速報)

 平成30年6月18日、大阪府北部で最大震度6弱の地震が発生し、小学校のプールのブロック塀の倒壊によって、通学途中の小学4年生の児童が死亡するという大変痛ましい事故が発生しました。
 これを受け、市内の小中学校の敷地内にあるブロック塀等のこれまでの点検結果について下記のとおり報告します。


1.点検構造物
   学校敷地内にあるコンクリートブロック造りの塀等

2.点検方法
   調査構造物を実測するとともに目視により状況を確認しました。

3.判断基準
   建築基準法の主な規定は、次のとおりです。
    <補強コンクリートブロック塀>
      ・塀の高さは、2.2m以下
      ・塀の厚さは、15cm(高さ2m以下の塀であっては10cm)以上
      ・塀の高さが1.2mを超えるものは、控え壁が必要
    <組積造の塀>
      ・高さは、1.2m以下

4.点検結果
   5校6箇所で、建築基準法の規定を満たさないブロック塀等がありました。

5.安全対策
   建築基準法の規定を満たさないブロック塀等については、当面、周囲にバリケードなどを
   設置するとともに、児童生徒が近づかないように指導します。
   今後は、速やかに既決予算などを活用して、取り壊しなどの対策を講じます。     



【点検結果詳細】

(1)燕南小学校(旧幼稚園側)
  ・補強コンクリートブロック塀
   塀の高さ:2.37m   ※判断基準では、高さ2.2m以下



(2)燕南小学校(プール)
  ・補強コンクリートブロック塀
   塀の高さ:2.95m   ※判断基準では、高さ2.2m以下



(3)小池小学校
  ・補強コンクリートブロック塀
   塀の高さ:1.35m  控え壁なし
   ※判断基準では、高さ1.2m超の場合は、控え壁が必要



(4)大関小学校
  ・補強コンクリートブロック塀
   塀の高さ:1.3m  控え壁なし
   ※判断基準では、高さ1.2m超の場合は、控え壁が必要



(5)島上小学校
  ・補強コンクリートブロック塀
   塀の高さ:1.7m  控え壁なし
   ※判断基準では、高さ1.2m超の場合は、控え壁が必要



(6)吉田中学校
  ・組積造の石積み塀
   塀の高さ:1.56m   ※判断基準では、高さ1.2m以下

(1)正門(右側)


(2)正門(左側)


(3)通路門(右側)


(4)通路門(左側)



■ブロック塀等の点検チェックポイントについては下記をご確認ください。
  ブロック塀等の安全点検について
    
このページに関するお問い合わせ

教育委員会学校教育課

電話番号:0256-77-8211

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る