本文へジャンプする

教育・生涯学習・スポーツ

燕長善タイム

燕長善タイムの取り組みについて

 燕市では、平成23年度から市内小中学校にて、朝の時間帯等に1日10~15分間の特設の時間を設定し、集中力や基礎学力を高める活動の取り組みを進めています。
 この燕長善タイムでは、小学校では日課表に「燕長善タイム」を位置づけ、「読み・書き・計算」等の基礎学力の習得に努めます。「習うより慣れろ」で、何度も繰り返し学習して覚えることで、集中力を身につけ、学習の喜びと自信を得ることができます。
 また、中学校では「授業の振り返りと家庭学習へのスムーズな接続」を目的に実施しています。
 
  • 燕長善タイムの由来 : 1833年、燕市(当時の粟生津村)に創設された私塾「長善館」から
   ※「長善」とは、「人の善いところを伸ばし、欠点をおぎなってやること」を意味します。
    ⇒燕市長善館史料館についてはこちらからご覧ください
 
  • 燕長善タイムのキーワード(小学校)
   ●スピード  ●タイミング  ●リズム  ●短時間  ●タイムプレッシャー
    ⇒脳の活性化、集中力の向上を図る。学習へ向かう意識をたかめ、リズムをつくる。
 
  • 燕長善タイムの進め方の例(中学校)
  1. 教科書、学習プリントなどを机上に出す。
  2. 今日の学習を振り返る。
  3. 分からないこと等は手を挙げて先生に質問する。
  4. 家庭学習の計画を立て、ノートに予定を書く。
  5. 自主学習を開始する。
 

燕長善タイムのようす

  
     テンポのよい活動            家庭学習計画中
       (小学校)               (中学校)
このページに関するお問い合わせ

教育委員会学校教育課

電話番号:0256-77-8211

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る