本文へジャンプする

現在のページ

教育・生涯学習・スポーツ

朗読劇「家族草子」を上演します

10月28日(土)に上演する朗読劇「家族草子」の申込を受け付けています。

1回目は定員に達しましたので締め切りました。2回目は少し余裕があります。
 

「家族草子」について

森浩美写真

原作者 森浩美氏

そこにはいつも『家族』がいる。

「家族草子」は、森浩美が描く家族小説を森自らが戯曲化し、それを総勢10名程の演者とギターやピアノなどの音楽を交えて創り出す空間です。
演者は本を手にしていますが、椅子に座ったままではなく舞台上を動き回ります。そこが所謂、朗読会や朗読劇とは異なります。ご自宅の居間でテレビドラマを観ているような感覚でご覧いただけます。そして何よりの特徴は、上演されるすべての作品が「家族」にまつわる物語です。
見終わっていただいた後、きっとあなたの心の中に「家族」への想いを感じていただけるものと信じております。【家族草子ホームページより】


家族草子ホームページ https://www.kazokuzoushi.com/


原作者森浩美氏のプロフィール

作詞家、小説家。SMAP「青いイナズマ」「Shake」「ダイナマイト」、田原俊彦「抱きしめてtonight」、森川由加里「SHOW ME」等、作品総数約700曲。また、家族を題材とした「家族の言い訳」「こちらの事情」「夏を拾いに」等のロングセラー小説多数。近著に「ひとごと」「家族連写」「終わりの日まで」

公演・申込について

■日 時  10月28日(土) 2回公演
         ・第1回目 午後0時30分~午後2時30分(開場 正午)  定員になりましたので締め切りました
         ・第2回目 午後4時00分~午後6時00分(開場 午後3時30分)
■会 場  燕市中央公民館 3階中ホール
■演 目  「しあわせやあ」、「イキヌクキセキ」   
         森浩美短編小説「家族連写(PHP)」「家族の見える場所(双葉社)」より
■定 員  各回120名
■その他  入場無料。申込必要。定員になり次第締め切り。
■問合せ・申込  燕市教育委員会学校教育課  電話0256-77-8191(平日午前8時30分~午後5時15分)

家族草子チラシ(240KB)
 
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会学校教育課

電話番号:0256-77-8211

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る