燕市産業史料館website

燕の産業が見れる・分かる・燕市の産業の歴史を学べる史料館のご紹介です

ウェブサイトお引越し予定のお知らせ 燕市産業史料館公式ウェブサイトは http://tsubame-shiryoukan.jp/ に引っ越しを予定しています(現在仮運用中)。ブックマークに登録されている方は新しいサイトをぜひご登録ください。およそ20秒後に新サイトに移動します。

矢立

矢立

【主要展示品】・・・矢立各種

【解説】・・・矢立とは昔の携帯用筆記用具です。

鎌倉時代に武家が使用したのが始まりで、江戸時代には庶民の間でも広く用いられていました。

矢立の名の由来は、武士が戦場で箙(矢を立てて運ぶ道具)の中に入れておいた硯を「矢立の硯」と言い、その筆記具が携帯に便利なように改良され、ちぢめて「矢立」と呼びならわすようになりました。

燕の矢立は、江戸末期から昭和初期にかけて盛んに生産されました。矢立とは墨壷に墨汁を入れ、筒に筆を納めて腰に差し、持ち歩いたものです。

銅製品の中では最もよく売れた矢立も万年筆の普及により使用されなくなり、現在その技術は全く失われました。

矢立 勅使河原幸次郎

矢立 勅使河原幸次郎

Copyright © Tsubame Industrial Materials Museum. All Rights Reserved.