燕市産業史料館website

燕の産業が見れる・分かる・燕市の産業の歴史を学べる史料館のご紹介です

ウェブサイトお引越し予定のお知らせ 燕市産業史料館公式ウェブサイトは http://tsubame-shiryoukan.jp/ に引っ越しを予定しています(現在仮運用中)。ブックマークに登録されている方は新しいサイトをぜひご登録ください。およそ20秒後に新サイトに移動します。

日本の洋食器展示室 展示品 前半

  • 前へ
  • 前半
  • 後半
  • 次へ"

昔の匙(さじ)

展示品

燕で金属洋食器がつくられる遙か以前、人々はどのような食具を使っていたのでしょうか。

日本各地の遺跡から石匙や木製の柄杓が見つかっていることから、石匙をナイフのように使ったり、木製の柄杓で食事をすくったりしていた様子が想像できます。

金属洋食器との出会い

展示品

文明開化で都市部に洋風化の波がおし寄せはじめたころ、燕は銅器を中心に家庭用品、農具を製造する人口5000 人ほどの町でした。

1911(明治44)年、東京銀座の輸入商十一屋商店が石油王の自宅用カトラリーを受注します。

白羽の矢が立ったのは銅器の産地として知られた燕の棒(ささげ)吉右エ門(きちえもん)でした。これが燕と金属洋食器の出会いとなりました。

金属洋食器生産のはじまり

展示品

1914(大正3)年、第一次世界大戦によってヨーロッパの工場は軍需生産への転向を余儀なくされます。

生活用品の供給は滞り、不足分の注文が日本に集中します。

このとき燕には、輸入商を通してスプーンとフォークの大量注文が舞いこみます。

ちょうど銅器が不振で洋食器への転換を考えていた燕は、これまで培ってきた技術を生かし、難しい注文にも見事にこたえました。

こうして燕の金属洋食器生産がはじまりました。

伸びる国内需要

展示品

1923(大正12)年に起きた関東大震災をきっかけに、都市部の洋風化はさらに進みます。

また、1925(大正14)年、当時の浜口蔵相が打ち出した国産品保護育成策で、輸入品の税率が上がり、金属洋食器の国内需要はさらに伸びていきます。

燕の金属洋食器業界は機械化を進めて高まる需要にこたえ、やがては宮内省や華族会館などへも納入されるまでになりました。

機械生産への取り組み

展示品

1918(大正7)年、燕に動力機械が導入されます。

パワープレスは小林乙蔵工場(現:小林工業株式会社)が、フレキションプレスは松岳堂(現:遠藤工業株式会社)が最初に導入したとされます。

昭和初期、早川鉄工所で機械が製造されるようになり、地元での機械調達が可能になりました。

こうした機械生産への取り組みが、伸銅所の進出とともに、後の産業発展の土台となりました。

世界にひろがる販路

展示品

昭和初期、金属洋食器の国内需要が伸びたとはいえ、国内だけでは限りがありました。

さらなる販路獲得のため乗りこんだ東南アジアで、「ヨーロッパ製品よりも値段が安い」と好評を博し、多くの注文が入るようになりました。

その後、欧米や中南米、アフリカにまで販路を広げ、輸出量は大きく伸びます。

そして、金属洋食器産業はついに燕「産地産業」の主役の座を獲得します。

  • 前へ
  • 前半
  • 後半
  • 次へ"

Copyright © Tsubame Industrial Materials Museum. All Rights Reserved.