本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

燕市支え合い活動勉強会 ~終了しました~

「高齢者の移動・外出を考える勉強会」は終了しました。
51名の参加の方が参加しました。講師の川﨑さんの話しを真剣に聞き、その後のグループディスカッションでは、様々な意見が出ました。
川﨑さんから提案いただいたことや出された意見について、今後はワーキンググループを立ち上げて、燕市の移動・外出を考えていきます。

  
講師の川﨑さん
 
燕市生活環境課
 
燕市生活支援コーディネーター
 
会場の様子


〈グループディスカッションで出た意見やアイデア〉
●移動や外出で困っている(困りそうな)ことは?
 ・農村部など近くにスーパー等がないところに住んでいる高齢者が、食料等の生活用品の購入に行くこと
 ・独居老人や老々世帯の人が、サロンを利用したくても足がなく行けない
 ・車の免許を返納した人が、外出したいと思っても自由に外出するための交通機関がない
 ・運動等の機能低下の進んだ人が、自動車の運転するときに不安や危険を感じる

●私(私たち)ができそうな活動や取り組みは?
 ・私は、自家用車を使って、外出や受診の送迎ができるかも
 ・私は、買い物ついでに、一緒に車で買い物に行く、荷物を運ぶ手伝いをする
 ・自治会は、ボランティアを募り、買い物や通院の手助けをする
 ・社会福祉法人は、デイサービス送迎車の空いた時間帯に病院送迎やスーパーなどへ定期便を出す

●あの人たち(団体・事業所・企業など)に期待したい活動や取り組みは?
 ・近所の住民が、自分の買い物に行く特に声をかけ、移動手段のない方を一緒に誘って買い物に行く
 ・商店会が、定期的にバスを運行し、添乗員付き介護付きのバスツアー
 ・社会福祉法人が、空いている時間のリフト車を使って、受診や外出の送迎をしてほしい
 ・行政と公的機関が、発起人となり移動の団体を立ち上げてほしい

平成30年度 高齢者の移動・外出を考える勉強会参加者募集します!!!


はマイカーでどこでも行けるけど、つか運転ができなくなったら安・・・」
ちのおじいちゃん何歳まで転するんだろう・・・故でも起こさないか配」
みんなが不安に思うことだから、みんなで高齢者の移動や外出について考えてみませんか?

燕市の、移動や外出に関する問題や現状をみんなで共有し、他市・他県での取り組みを知ることで、燕市に生かせるよう勉強会を開催します。

日時7月31日(火)
場所燕市民交流センター3階
  (燕市吉田日之出町1-1)
対象どなたでもお気軽にどうぞ!
参加費無料

内容:
■説明■~燕市の現状~
高齢者の移動・外出に関する課題   (燕市長寿福祉課)  
 介護予防・日常生活支援総合事業とは?(燕市長寿福祉課) 
燕市の公共交通について       (燕市生活環境課)

■基調講演■
NPO法人 全国移動サービスネットワーク副理事長 河崎 民子氏
 「総合事業を活用した移動・外出支援の仕組みと動向」

■グループディスカッション■
         
申込締切7月27日(金曜日)まで
申込方法電話でお申込みいただくか、チラシに添付の申込み用紙をFAXで送信してください。 
【電話】0256-77-8157(直通)
【FAX】0256-77-8138
平成30年度 高齢者の移動・外出を考える勉強会PDF版はこちらをクリックしてください。

※内容は都合により若干変更になることがあります。
このページに関するお問い合わせ

健康福祉部長寿福祉課 地域支援相談係

電話番号:0256-77-8157

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る