本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

”子どもの貧困”をテーマに講演会を開催します

本講演会は終了しました。多数のご来場ありがとうございました。


現在、子どもの貧困が大きな社会的課題となっています。貧困に陥っている子どもを支援するためには、地域ぐるみでの支援が不可欠です。しかしながら、「貧困」は多くの人にとって見えづらく、実感のわきにくい課題です。
そのため、この講演会では、燕市の現状を交え“子どもの貧困”について分かりやすく解説し、支援のための地域の関わり方などについて考えます。

講演会 概要

1.日時:3月3日(土) 午前10時~午前11時30分(開場:午前9時30分花岡隼人氏

2.会場:吉田産業会館 2階 大ホール

3.内容:
 (1) 燕市の実態調査についての報告
 (2) 講演
  (i) 演題:≪子どもの貧困問題について考える≫
   21世紀の日本の「貧しさ」とは?
   ~見ない、見えない、見つからない~
  (ii) 講師:日本財団 ソーシャルイノベーション推進チーム リーダー
   花岡(はなおか) 隼人(はやと) 氏

4.対象:どなたでも

5.入場:無料 ※申し込みが必要です

6.申し込み期限:3月1日(木)

7.申し込み方法:社会福祉課に電話またはFAXでお申し込みください。
電話 0256-77-8186 / FAX 0256-77-8138

花岡 隼人氏 プロフィール

《講師プロフィール》
1985年、東京生まれ。
一橋大学法学部卒業後、ワルシャワ大学政治学研究科修了。
株式会社三菱総合研究所にてコンサルタントとして勤務後、ポーランド留学を経て、2013年9月より現職。
発達障害者支援に従事した後、子どもの貧困対策チームに立上期からメンバーとして参画。「子どもの貧困の社会的損失推計レポート」作成や「子どもの貧困対策プロジェクト」など幅広い業務に携わる。
共著に「子どもの貧困が日本を滅ぼす 社会的損失40兆円の衝撃」(文春新書)の執筆に携わる。

報道発表資料(PDF版はこちら)
 

リンク

「ひとり親家庭等の生活実態に関するアンケート調査の調査結果報告書」について
このページに関するお問い合わせ

健康福祉部社会福祉課:

電話番号:0256-77-8186(直通)

ファクス:0256-77-8138

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る