本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

燕市要保護児童対策地域協議会

 燕市では、児童虐待の早期発見や適切な保護を図るため、地域の関係機関が連携を図り、虐待から子どもたちを守るために「燕市要保護児童対策地域協議会」を設置しています。

~体罰・暴言は「愛の鞭(むち)」ではなく「虐待」です!!~

 しつけとは、子どもが社会で生きていくために必要な生活習慣や社会のルールなどを身に着けられるよう、繰り返し働きかけることです。暴力や暴言で子どもを従わせることではありません。たとえ、保護者が子どものためと考えていても、子ども自身の心や体を傷つけるものであれば、それは虐待です。暴言や体罰は、子どもの脳を委縮させるなどの深刻な影響を及ぼすほか、親子関係の悪化や精神的な問題の発生など望ましくない状況につながる危険を持っているのです。
 ⇒厚生労働省HP 「子どもを健やかに育むために。~愛の鞭ゼロ作戦~」

子育てに悩んだら、まずは相談しましょう!
 ⇒こちらから
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部社会福祉課

電話番号:0256-77-8186

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る