本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えについて

 現在、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種にあたっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。

 平成25年6月14日、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会が開催され、子宮頸がん予防ワクチンの副反応報告について審議が行われました。
 この結果、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛が子宮頸がん予防ワクチン接種後に特異的に見られたことから、副反応の発生頻度等がより明らかとなるまでの間、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を積極的に勧奨しないよう、厚生労働省から別添のとおり勧告がありました。
 このことにより、本市においても、接種の対象者又はその保護者への積極的な勧奨を差し控えることにしました。
 なお、対象者のうち、接種を希望する人については、これまでどおり定期接種として接種できますが、下記のリーフレットを参考に、ワクチン接種の有効性及び安全性等について、十分理解していただいた上で接種してください。

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(厚生労働省リーフレット)(PDF)
ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)の定期接種の対応について(勧告)(PDF)
子宮頸がん予防ワクチンに関するQ&A(厚生労働省)
子宮頸がん予防ワクチン接種の「積極的な接種勧奨の差し控え」についてのQ&A(厚生労働省)

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に症状が生じた人に対する相談窓口の設置について
市町村が実施したヒトパピローマウイルスワクチン・ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチンの接種を平成25年3月31日までに受けた人へのお知らせ

 

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る