本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

児童手当の現況届を6月14日(木)に発送します

児童手当と児童扶養手当についてご案内します。

児童手当

児童手当の現況届について

 6月14日(木)に児童手当の現況届を発送いたします。
 現況届は毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件を満たしているかどうかを確認するためのものです。
 期限内に提出がない場合には6月以降の手当てが受けられなくなる場合がありますので、用紙が届き次第、早めの手続きをお願いします。
  • 受付期間  平成30年6月15日(金) ~ 6月29日(金)
  • 窓口開設時間  午前8時30分 ~ 午後5時15分(土・日・祝日を除く)
  ただし、6月20日(水)・6月27日(水)の2日間は、午後7時30分まで受付窓口を延長します
【日程表】
  
6月 10(日) 11(月) 12(火) 13(水) 14(木) 15(金) 16(土)
8:30~17:15 × × × ×
  17(日) 18(月) 19(火) 20(水) 21(木) 22(金) 23(土)
8:30~17:15
17:15~19:30 × × × ×
  24(日) 25(月) 26(火) 27(水) 28(木) 29(金) 30(土)
8:30~17:15
17:15~19:30 × × × ×
 
 








 
  • 受付場所 燕市役所 1階 つばめホール
  • 現況届に必要なもの
  1. 請求者の健康保険証の写し(ただし、燕市国民健康保険加入者は不要)
  2. 印鑑(ゴム印ではないもの)
  3. マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード(請求者および配偶者で、平成30年1月1日時点に燕市に住民登録がなかった方で、過去に児童福祉係にマイナンバーの提示を行っていない方)
  4. 申立書等書類等

※その他必要に応じ、追加で書類の提出が必要になる場合があります

 

児童手当について

  児童手当を受給するには、出生届および転入届の際に手続きが必要です。(出生日、転出予定日の翌日から15日以内に手続きしてください) 
 
  • 趣旨
    次代の社会を担う児童の健やかな育ちに寄与するために0歳~中学3年生の児童を養育している人に手当を支給するものです。
     
  • 支給対象者
    中学3年生までの児童を養育している人で燕市に住民登録のある人
     
  • 手当の月額
    0歳~3歳未満   (一律) 1万5千円
    3歳~小学生    (第1子・第2子) 1万円 (第3子以降) 1万5千円
    中学生       (一律) 1万円
    所得制限者     (一律) 5千円
     
  • 支給を受けるための手続き等
    手当の支給を受けるためには、児童を養育している保護者の人が、住所地の市区町村に申請(認定請求)を行う必要があります。
    <添付書類>
     (1)健康被保険者証の写し等(請求者が被用者(会社員等)の場合)
     (2)預金通帳の写し
     (3)請求者およびその配偶者のマイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード(平成30年1月1日時点で燕市に居住していなかった場合)  ※この他、必要に応じて提出する書類があります。
    申請内容を審査のうえ、受給資格に適合する人には、認定通知書を送付します。
             

  • 手当の支払期月
    6月・10月・2月に、前月までの4ヶ月分の手当をお支払いします。

    ※児童手当の受給資格者は、児童を監護し、かつ、生計を同一にする父又は母等のどちらか生計の中心者です。父母に養育されていない児童については、児童を監護し、かつ、生計を維持する人となります。
     
申請書(認定請求書・額改定届・受給事由消滅届)はこちらからダウンロードできます。

詳しくはパンフレットをご覧ください
児童手当制度についてのパンフレットはこちらからダウンロードできます(PDF/432KB)

児童扶養手当

  • 支給対象者
    燕市に住民登録があり、次のいずれかに該当する児童を養育している父又は母や、父又は母に代わって養育している人
  1. 父母が離婚した児童
  2. 父又は母が死亡した児童
  3. 父又は母が一定の障がいの状態にある児童
  4. 父又は母の生死が明らかでない児童
  5. 父又は母が引き続き1年以上遺棄している児童
  6. 父又は母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
  7. 母が婚姻によらないで出産した児童
  8. 遺棄などで出生の事情が明らかでない児童
 ※児童とは、18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある児童(一定の障がいの状態にある児童については20歳未満)をいいます。
 
 
  • 支給額
児童1人のとき 全部支給される人 月額42,500円
        一部支給される人 月額42,490円~10,030円までの間で細かく設定されています。
児童2人のとき 10,040円~5,020円加算
児童3人以上のとき/第3子以降1人につき6,020円~3,010円加算
 
 
  • 児童扶養手当について詳しくはこちらをご覧ください 
     
児童扶養手当パンフレット【PDF/241KB】
ひとり親家庭のしおり【PDF/378KB
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部社会福祉課

電話番号:0256-77-8186

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る