本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

風しんについて

風しんが流行しています

風しんとは?

風しんウイルスに感染することで熱が出たり、全身に薄い発しんがでたりします。
一般的には「三日はしか」とも呼ばれています。
ウイルスに感染してから2~3週間でこのような症状がでて、咳やくしゃみ等から、ほかの人にうつります。

特に注意が必要な人

妊娠中の人

 風しんに対する免疫のない女性が、妊娠中、特に妊娠初期に風しんにかかると、赤ちゃんにも感染し、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気がある等の『先天性風しん症候群』という病気にかかることがあります。

妊娠中の人と同居されているご家族

 妊娠している人への感染を防ぐために、同居しているご家族も注意が必要です。
 特に30歳から40歳代の男性は、予防接種を受けていないため、風しんに対する免疫が低く、感染する可能性が高いため注意が必要です。

予防対策

咳エチケットや外出後の手洗い

 咳、くしゃみが出たら、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。
 マスクを持っていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を覆い、ほかの人から顔をそむけて1メートル以上離れましょう。

予防接種

風しんは予防接種で防ぐことができる病気です。妊娠中の人への感染を防ぐことが重要です。

 1. 妊婦の夫、子どもおよびその他の同居家族
 2. 10代後半から40代の女性(特に、妊娠を希望する人や妊娠する可能性の高い人)
    ※予防接種は、妊娠の2か月前には接種を終了しなくてはいけません。
 3. 出産後間もない女性
 4. 30歳から40歳代の男性

上記1から4のいずれかに該当する人で、

 1. 明らかに風しんにかかったことがある人
 2. 予防接種を受けたことがある人
 3. 抗体が陽性であると確認できた人

上記1から3にあてはまらない人は、最寄りの医療機関に相談の上、任意で予防接種を受けることを検討してください。
なお、費用は自己負担となります。

定期予防接種の対象者(1歳児と小学校入学前1年間の年長児)は、確実に予防接種を受けましょう。

大人の風しん予防接種費用の一部助成について

燕市内に住所を有する人で、風しんに罹ったことがなく、また、風しんの予防接種を受けたことがない人で、次のいずれかに該当する人に接種費用の一部を助成しています。

  1. 妊娠を予定または希望している女性
  2. 妊婦の夫及び家族等(同居者、妊婦と接触の多い親族)

詳しくは下記のリンク先をご覧ください。
大人の風しん予防接種費用の一部助成について

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る