本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

食育だより平成26年3月19日号 もっともっと野菜を食べよう

毎月19日は食育の日です。
皆さんは野菜を食べていますか?平成23年県民健康・栄養実態調査で成人1人1日当たりの平均野菜摂取量は323.3gでした。全国平均を上回っていますが、まだ目標摂取量の350gには達していません。特に20代では約270g、30代・40代では約290gと少ない量になっています。
いつもの食事にプラス1皿、野菜料理を取り入れてみませんか。

野菜を十分に食べていますか?

野菜は「健康に良い」と理解していても、意識しなければ十分な量をとることができません。1日に食べたい量は350g以上です。
野菜はビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で、からだの調子をととのえる働きがあります。また、肥満、高血圧、糖尿病などの生活習慣病の予防にも役立ちます。
野菜をしっかり食べる食生活を心がけましょう。

1日に食べたい野菜の量は350g以上!

1日350g以上の野菜を食べるには、毎食
  • 生野菜なら両手1杯
  • 加熱した野菜なら片手1杯

を食べることを目安にしましょう。

生野菜なら両手1杯加熱した野菜なら片手1杯

また、350g以上のうち、緑黄色野菜を120g以上、淡色野菜を230g以上食べることが理想的とされています。

  • 緑黄色野菜

かぼちゃ・にんじん・トマト・ほうれんそう・ブロッコリー・小松菜・にら・ピーマン
可食部100gあたりカロテン含有が600μg以上含まれている野菜のことをいいます。ただし、トマト・ピーマンなどはカロテン含有が600μg未満でも、日常的に食べる回数や量が多いため、緑黄色野菜に含まれます。
切った断面が濃い色をしています。

  • 淡色野菜

キャベツ・白菜・レタス・なす・きゅうり・玉ねぎ・ごぼう・大根・もやし
色の薄い野菜や、皮の色が濃くても切ると断面が薄い色をしています。

野菜をたくさん食べるコツ

  1. 野菜料理は毎食1皿以上を習慣に
  2. 加熱してカサを減らして食べやすく
  3. つけ合わせの野菜も残さずに
  4. 作り置きで野菜料理の活用を
  5. 外食は1品ものより定食

野菜をたくさん食べられるメニューを紹介します!

燕市の保育園の給食メニューです。ご家庭で作ってみませんか?

ブロッコリーのサラダ

材料(子ども4人分)
ブロッコリー120g、にんじん20g、ハム1枚、ホールコーン40g、キャベツ70g、マヨネーズ大さじ2、塩こしょう少々、みかん缶40g

作り方
  1. ブロッコリーは小さめに切り、ゆでて冷ましておく。
  2. にんじん、キャベツはせん切りにしてゆでる。
  3. ハムはせん切りにして、少量の油で炒める。
  4. 材料が冷めたら、材料を全部混ぜ合わせる。(みかんは添えてもよい)

3月号食育だより 電子データ版PDFファイル(549KB)

 ⇐食育推進計画のページにもどる

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る