本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

食育だより平成26年5月19日号 6月は食育月間

 毎月19日は食育の日です。
 なぜ、食育が大切なのでしょうか?
 燕市でも、朝食の欠食や野菜を食べる割合の減少などの現状があり、子どもの肥満や成人のメタボリックシンドローム該当者・予備群ともに県の平均より高い傾向にあります。また、核家族の増加により、家庭で受け継がれてきた伝統的な食文化の継承が難しくなってきています。
 「食」は生涯にわたり、健康で豊かな心と体を育むための基礎となるものです。家庭を中心に、地域全体で「食育」に取り組むことが求められています。

6月は食育月間です。

 「食育」とは、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものであり、様々な体験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることと定義されています。
 食育は大人から子どもまで対象ですが、特に子どもに対する食育は、子ども自身が健康で豊かな人間性を育む基礎となるためとても大切です。

新潟県食育普及マーク
「ショクビィー」

燕市の食育で育てたい力

  • 正しい食の知識と望ましい食生活
  • 楽しい食事と感謝の気持ち
  • 燕市の食文化の伝承と食への関心
  • 食の安全と地産地消

食を通して心のつながり元気なからだを育てます。

 

生涯骨太クッキングより
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る