本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

熱中症にご注意ください

例年、気温が高い日に熱中症による救急搬送が多くなっています。
燕市では昨年度、市内で64人(一昨年度は35人)の市民の人が熱中症で搬送されています。中でも男性の搬送が35人と女性より多く、また65歳以上の人が30人と多くなっています。
熱中症を正しく理解し、自分の体調の変化に気を付け、暑い夏を乗り切りましょう。

熱中症とは

熱中症は、高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより起こります。
死に至ることもありますが、適切な予防法を知っていれば防ぐことができます。

熱中症の症状

○めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
○頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う

重症が疑われる次の症状が表れたら、すぐ医療機関へ!
○返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

熱中症が疑われたら

○涼しい場所へ
  エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ
○からだを冷やす
  衣服をゆるめ、からだを冷やす(特に首の周り、脇の下、足の付け根など)
○水分補給
  水分・塩分、経口補水液などを補給する
◎自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

熱中症の予防法

○暑さを避ける

室内では…
  • 扇風機やエアコンで温度調節
  • 遮光カーテンすだれ、打ち水を利用
外出時には…
  • 日傘や帽子を着用
  • 日陰の利用、こまめな休憩
  • 天気のよい日は、日中の外出をできるだけ控える
からだの蓄熱を避けるために…
  • 通気性のよい、吸湿性、速乾性のある衣服を着用する
  • 保冷剤冷たいタオルなどで、からだを冷やす

○こまめに水分補給をする

  • 室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を補給しましょう。
  • 大量に汗をかいたときは塩分も忘れずに。アルコールでの水分補給は、体内の水分を排泄する作用があるため逆効果です。
 

◎高齢者と子どもは特に注意が必要です。

  • どが乾かなくてもこまめに水分を補給しましょう。
  • さを感じなくても扇風機やエアコンを使いましょう。
  • 電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようにしましょう。

熱中症に関するサイト

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る