本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

食育だより平成26年8月19日号 糖尿病を予防する食べ方と食べる量

 秋まだ遠く、厳しい残暑が続いています。
 この時期は口当たりの良いものや果物・冷たいものを食べたくなるところですが、そればかりでは栄養素の過不足により糖尿病などの生活習慣病を招くことがあります。何をどれだけ食べれば良いか、今一度見直して健康に、そして夏の疲れに負けないからだをめざしましょう。
 

糖尿病を予防する食べ方と食べる量

 糖尿病の食事というとカロリー制限の印象があったり、ごはんやパンなどの主食を減らせばよいと思われがちですが、かえって間食を取りたくなったりと失敗しやすいです。健康を保つために、さまざまな栄養素の過不足がない食事にすることが第一です。十分な栄養素をとることで、からだを正常に機能させ、食べ方の工夫で血糖の上昇を抑えましょう。

食べ方

(1)1日3食なるべく均等に
欠食や過食があると血糖値の上昇が大きくなります。
しっかり食べないと間食を取りたくなり、また血糖値を上げます。
(2)意識してゆっくりよくかんで食べる
満腹感を感じるまでに20分かかります。その前に食べ過ぎてしまわないように。よくかむと満足感も増え、食べ過ぎを防ぎます。
(3)野菜を先に食べる
野菜の食物繊維が先に吸収されていると、その後にとる糖質の吸収速度を遅らせて血糖値の上昇が緩やかになります。

食べる量

  穀類
1食に両手で1杯
男性150~200g
女性100~150g
たんぱく質
1食に片手の平
1~2つ分
野菜
1日に片手の平
5つ分

野菜70g
一日の
どこかで
果物
両手で1杯
乳製品
コップ1杯
 
 身長・年齢・身体活動量等により食べる量が異なります。

糖尿病教室のご案内

燕市の糖尿病教室に、ぜひお越しください。
お話・試食編
<とき・ところ>
9月30日(火)燕勤労者福祉センター
10月15日(水)分水保健センター
10月27日(月)吉田保健センター
<時間>午前9:30~午後1:30
<持ち物>昼食代400円・普段お使いのご飯茶碗
調理実習編
<とき・ところ>
11月18日(火)吉田保健センター
<時間>午前9:30~午後1:30
<持ち物>昼食代400円・エプロン・三角巾

燕市吉田保健センター(0256-93-5461)までお申し込みお待ちしてます。


8月号食育だより 電子版PDFファイル(726KB

⇐食育推進計画のページに戻る
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る