本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

食育だより平成27年2月19日号 子どもがつくる「弁当の日」

毎月19日は食育の日です。
「子どもが作る弁当の日」という食育活動の取り組みが、市内の小学校で広がっています。学年ごとに、お弁当作りの目標を決め、成長段階に応じた食への学びを深めています。
子ども達にとって、このようなお弁当作り体験が、さまざまな気づきや発見につながります。お弁当の作り方のコツも紹介します。ぜひ、家族でお弁当作りに挑戦してみませんか。
 

子どもがつくる「弁当の日」

燕市では、小学校・中学校の9年間を通した食の指導プランの中で、「自分の食べる1食を整えることができる」ことを最終目標としています。
今回は、子どもたちが自分で作る「弁当の日」を取り上げてみました。

みんなの作ったお弁当


学校と保護者の協力のもと、実施しています。
このような取り組みにより、子ども達の可能性が広がります。
●子ども達が、主体的に食や栄養への関心を深められる
●自ら食事を作る経験を通して、家族へ感謝する心が育まれる
●実際に体験することで、調理技術や知識が身につけられる
●弁当作りの準備を通して、計画や段取りの仕方がわかる など

わかりやすいお弁当作りのコツを、学校でも指導しています

★お弁当箱の選び方
基本的な弁当箱のサイズは、一食に必要なエネルギー量で決めます。
基本的なお弁当箱のサイズ(学年別)
幼 児・・・・・・300~400ml
1・2年生・・・・500~600ml
3・4年生・・・・600~700ml
5・6年生・・・・700~800ml
中・高校生・・・800~900ml
成 人・・・・・・800~850ml
☆体格や運動量などの個人差があります。自分に合ったものを選びましょう。


★栄養バランスのいい詰め方
弁当箱の面積を6等分して、主食(ご飯)、主菜(肉・魚などたんぱく質中心のおかず)、副菜(野菜中心のおかず)を、それぞれ主食:主菜:副菜=3:1:2の割合で詰めます。


彩りよく盛りつけます。赤・緑・黄・白・黒(茶)の5色でそろえると、色どりのよい美味しそうなお弁当になります。

問い合わせ先:燕市吉田保健センター TEL0256-93-5461

PDFファイルのリンク2月号食育だより 電子版PDFファイル(717KB)

⇐食育推進計画のページに戻る
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る