本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

食育だより平成27年4月19日号 生活リズムを味方につける!

毎月19日は食育の日です。 春は新しいことを始めるのに絶好のチャンス。新年度の変化による心身の疲れを溜めないためには、生活リズムをととのえることが大切です。 普段の食習慣や生活習慣を見直し、少しずつ、無理なく変えていくことで身体の調子は取り戻せます。自分のスタイルに合った、健康づくりへのマイチャレンジ、始めてみませんか。

カラダはもっと変えられる!

  • 栄養バランスのよい朝食が、脳の機能を高める

食事の内容と暗算作業量をみた調査結果では、「A:朝食抜き」と、「B:朝食はおにぎりだけ」の場合は大きな差はないが、「C:栄養バランスの良い朝食」は3倍ほど成績が良かった。
   ↓↓↓
主食のみではなく、主菜・副菜もそろえたバランスよい朝食をとる!
 
  • 睡眠不足が寿命に影響

睡眠時間や生体リズムの変調は、体内時計に記憶されて、健康寿命に影響する。「睡眠時間7時間」とる人が最も死亡率が低いという調査結果がある。
   ↓↓↓
睡眠時間を確保する。質の良い睡眠をとる!
 
  • 同じエネルギーの食事でも、朝と夜では消費量が違う

朝・昼・夕に分けて3食とる人(朝型)と、昼・夕・深夜に3食とる人(夜型)では、食事エネルギー熱産生は4倍も違う!
   ↓↓↓
夜食は避ける。または早めに分食する!
 
  • 一人暮らしや高齢者の方は生活リズムが乱れやすい

食事の時間が不規則だったり、食事の内容が簡素化しやすい人は、生活のリズムが崩れやすい。
昼夜の活動差が無いなど、生活リズムの乱れにより、肥満や認知症を招きやすい。
   ↓↓↓
食事の時間は決める。適度に役割や、日中外出する機会などを作る!
 
  • 早食いは、ダイエットの敵!

早食いすると急に血糖値が上がり、インスリンというホルモンがたくさん出る。活動で消費しきれない血糖は脂肪に一旦変えられ、蓄えられるので、太りやすい。生涯で限られたインスリン量の無駄遣いにもなり、糖尿病になるリスクも高まる。
   ↓↓↓
ゆっくりよくかんで食べる。一食に20 分以上、一口30 回かむことが理想。

「つばめ元気かがやきポイント事業」に参加して、健康とお得をゲットしよう!

野菜を毎食食べる。
米飯を2食以上食べる。
1食は1口30回以上よくかんで食べる、運動する、1日1回笑う、など、毎日手帳の出来た項目に○をつけるだけ。
◯ひとつで1ポイント。
貯まったポイントを報告すると、抽選で景品が当たるチャンスも!

詳しくは、4月15日号の広報つばめをごらん下さい。

登録受付けは4月20日からです。

ウェブで登録・報告することもできます。詳しくはつばめ元気かがやきポイント事業Webシステムへどうぞ。

ウェブ版は5月1日開始です。

問い合わせ先:燕市吉田保健センター TEL0256-93-5461地図はこちら

4月号食育だより 電子版PDFファイル(1057KB)
 
⇐食育推進計画のページに戻る
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る