本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

食育だより平成27年8月19日号 燕市のおいしいお米を味わおう

毎月19日は食育の日です。
私たちの食生活を支えてくれるお米の収穫が始まります。
ユネスコ無形文化遺産に登録され、世界から注目されている「和食」。
その和食の中心として主要なエネルギーの供給源となるのが「ごはん」です。
今回は肥沃な大地に恵まれ、農家の方々が手塩にかけた燕市のお米について紹介します。

燕市のおいしいお米を味わおう

日本有数の穀倉地帯である越後平野のほぼ中央に位置する燕市は、信濃川水系の豊富な水の恵みを受けて、米作りが盛んに行われています。
田んぼは、お米を生産するだけでなく、空気や水をきれいにしたり、地球温暖化や自然環境を守る大きな役割を果たしています。
自然豊かな燕市で作ったおいしいお米を、ぜひ味わって食べてみてください。

飛燕舞・・・農薬と化学肥料を5割削減した特別栽培米
       
飛燕舞についての詳細はこちらをご覧ください


つば九郎米・・・ヤクルトスワローズとのタイアップ商品
       
つば九郎米についての詳細はこちらをご覧ください

田んぼアート・・・黄稲・紫稲・赤稲・白稲・一般稲の5色(品種)の稲を使い、約40アールの水田を利用して市民のみなさんと田植え、稲刈りを行います。

田んぼアートについての詳細はこちらをご覧ください

古代米「紫宝」・・・新潟県内でしか栽培が許可されてない紫黒米の「紫宝」。白米に混ぜて炊くとごはんがほんのり薄紫色に。ポリフェノールも豊富です。

 

地産地消・新米フェア 料理コンクール

米を中心とした日本食のよさを見直すとともに、米・米粉の消費拡大・地産地消を推進するために毎年開催しています。 料理コンクールの参加者募集!
  1. アイディア米料理・米粉料理
  2. ご当地キャラクター弁当
  3. 黒米粉スイーツ&料理
最優秀賞には飛燕舞1俵プレゼント
申込みは8月31日まで

楽しいイベントがいっぱい
◆新米つかみどり
◆地場産野菜即売会
◆バラの花寿司づくり など

料理コンクールの問い合わせ:燕市農業委員会事務局(燕市役所3階30番31番窓口) 電話 0256-77-8251
燕市農業委員会フェースブックページはこちら https://www.facebook.com/tsubame.noui

8月号食育だより 電子版PDFファイル(969KB)
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る