本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

食育だより平成27年11月19日号 燕市のきれいな水を未来へ

毎月19日は食育の日です。
「自分ひとりくらい汚れた水を流しても…」という気持ちはありませんか?水質汚濁は、私たちの生活から出る汚れた水が主な原因です。中でも台所からでる汚れが最も多くなっています。水は「生命の源」とも言われています。水の利用と同時に、使った後の水の浄化も考えていきましょう。

燕市のきれいな水を未来へ

  水は、私たちの日々の暮らしの中で、なくてはならないものです。普段当たり前のように使用している水も、使った後は排水となります。
  燕市では、汚れた排水が川や海を汚さないように、下水道整備を進めていますが、貴重な水資源を守るために、水を汚さない工夫も必要です。
  各家庭から出される排水も、ちょっとした工夫で汚れを抑えられ、さらにエコにもつながってきます。
  きれいな水は、私たちが健康に暮らすために欠かせないものです。水を汚さない工夫に心がけ、貴重な水資源を守っていきましょう。

生活排水の汚れはどのくらい?

水を汚してしまうと、その水をきれいにするために多くの水が必要になります。
浴そう1杯300リットルとして・・・
  • 中濃ソース大さじ1(15ml)→1.3杯分
  • みそ汁1杯(180ml)→4.7杯分
  • 牛乳1杯(200ml)→11杯分
  • 使用済天ぷら油(500ml)→330杯分
出典:こども環境白書2009 環境省

これだけのものを流したら、魚が住める水質に戻すのに、たくさんの水が必要になります。

汚れを減らすために家庭でできること


キッチンでは
  • 食事や飲みものは必要な分だけ作り、残り物を流さない。
  • 油は使い切る。捨てる時は紙や布に吸わせ、ごみとして処理する。
   燕市の天ぷら油回収ボックスも利用を。
 
  • 食器やなべの汚れは、拭き取ってから洗う。
  • アクリルたわしなど利用して、洗剤の量を減らす。
  • 三角コーナーやクリーンネットなどで調理くずや食べ残しを流さない。

洗たく・お風呂では
  • 洗剤やシャンプーは適量を使う。
  • お風呂の残り湯は、洗濯や掃除に利用する。
  • 髪の毛やごみが流れないよう排水口にネットをつける。

11月号食育だより 電子版PDFファイル(2.06MB)

⇐食育推進計画のページに戻る
問い合わせ先:燕市吉田保健センター TEL0256-93-5461
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る