本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

食育だより平成28年1月号 朝のスープで元気にスタート!

毎月19日は食育の日です。
今日、朝ごはんを食べてきましたか?
目を覚ますだけでなく、身体も脳も覚ますためには、朝食をとることが必須です。
一日を元気に効率よく健康的に過ごすために、そして寒い冬を内から温めるために、あったか朝ごはんの提案をします。

は作ることも食べることもおっくうになりがち。1日を元気に過ごせるか、効率よく脳を動かせるか、快調に過ごせるかなどを左右するのが朝食です。
新潟の寒い冬まっただ中だからこそおすすめしたい朝スープ、始めませんか?

朝スープがおすすめなわけ

汁物イラスト ●野菜もたんぱく質もとれる!
主食と組み合わせれば、1品でバランスOK

●寒い季節にからだを温める!
重ね着で外から温めるだけでなく、内から温めることも大事!

●のどとおりがよい!
食欲のない朝も、汁物なら食べやすい!
ママのスープ
●作りおきできる!
温め直せばできあがり!

朝スープのための早わざアイディア

1.材料を切っておこうカット済み野菜いろいろ
カットしたきのこ類朝から野菜の下ごしらえをするのはおっくうなものです。
カットしたネギや大根
時間のある時に、野菜やきのこを切っておくとラクチン!


2.入れるだけでOKの材料
下ごしらえいらずの食材をストックしておきましょう。
いざという時に便利!いくつか組み合わせれば立派なスープに!
あさりは洗って冷凍しておくこともできます!
 


3.つけておくだけのだし
昆布・かつお節・干し椎茸・煮干し。好みのものを前日から浸けておく。

お隣三条市の粉末だしも便利!入れるだけ!


食育だより1月号 電子版PDFファイル(1,182KB)はこちらです

⇐食育推進計画のページに戻る

問い合わせ先:燕市保健センター TEL 0256-93-5461
 
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る