本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

食育だより28年4月19日号 体内時計をリセットして心もカラダもリフレッシュ

毎月19日は食育の日です。

規則正しい生活をしていますか?
現代の日本では、インターネットや24時間営業の店舗などにより昼夜のメリハリのない不規則な生活や夜型の生活を送る人が多くなっています。
「いつも朝食を食べていない」「しっかり寝ているはずなのに、スッキリしない」などの心当たりがある方は体内時計が乱れているかもしれません。
新しい生活が始まった春だからこそ、生活習慣を見直してみませんか?

そもそも「体内時計」とは...?

人は意識しなくても日中は心とカラダが活動状態に、夜間は休息状態に切り替わるように1日周期でリズムを刻んでいます。
これを「体内時計」といいます。

体内時計が乱れると、不眠や食欲の低下が起きやすくなります。また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を引き起こす原因にもつながります。
健康で美しく生きるためには、体内時計のリセットがとても重要なのです。

体内時計をリセットするためのポイント

同じ時間に毎日起床しよう!

休みの日も同じ時間に起きることが大切です。
早寝早起きではなく、早起きが早寝につながります。
 

朝日を浴びよう!

起床後、なるべく早くに太陽の光を浴びると、その日の寝付きがよくなりますよ!
 

朝ごはんをたべよう!

食事をとることにより心とカラダが目覚めます。
今までとっていなかった方は、バナナやヨーグルトなどから始めてみるといいですね。
 

昼寝をするなら30分以内で

30分以上眠ると、脳もカラダも眠る体制になってしまいます。
お昼寝は短い睡眠でスッキリと。
 

運動習慣をつけよう!

ラジオ体操やストレッチなどの軽い運動で大丈夫。
カラダを動かす習慣をつけましょう!

 

体内時計を整えて、健康で快適な生活をおくりましょう!

4月号食育だより 電子版PDFファイル(1,885KB)
⇐食育推進計画のページへ戻る
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る