本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

食育だより平成28年5月19日号 料理がもっとおいしく楽しくなる食材の切り方

 毎月19日は食育の日です。
 燕市で生産されている包丁は、切れ味に優れ、世界最高品質を誇ります。
食材を“切る”ことは、食べやすい大きさにするだけでなく、味のしみ込みや火の通りをよくしたり、煮崩れを防ぐ効果もあります。
 その素材や調理法に合せた切り方は、料理をよりおいしく、また見た目にもきれいな料理となり、視覚的にもおいしさを作りだします。切り方を覚えて、料理を楽しく、おいしく作りましょう。

レシピを見るのがきっと楽しくなる!食材の切り方

輪切り

筒状のものを端から切っていく
半月切り
縦半分に切り、材料を端から
切っていく
いちょう切り

縦十文字に切り、材料を
端から切っていく
乱切り

材料を少しずつ回し
ながら斜め切りにする
ざく切り

材料を3~4cm位の
幅でザクザク切る
ささがき

えんぴつをけずるように、
材料を回しながら薄くけずる
小口切り

ねぎなどの細い材料を
端から切っていく
 
さいの目切り

1cm角切にする
 
そぎ切り

包丁をねかせて、
材料をそぐように切る
 
短冊切り

4~5cmの長さで、
短冊のような板状に切る
拍子木切り

4~5cmの長さで、
1cm厚さ程の棒状に切る
 
くし切り

球状のものを中心に
向かって放射線状に切る

野菜の切り方で味が変わる?

野菜は見た目にも分かるように、根から茎、葉の方向へと縦に繊維が走っています。
サラダや野菜炒めなど、シャキシャキした食感を残したいときは繊維に沿って切ること。
煮物など柔らかい食感にしたいときは繊維を断つように切ります。
繊維に沿って切るとアクや苦味が出にくいので、生野菜などでは甘く感じる野菜もあります。

ピーマンのおかかあえ

<材 料>
ピーマン4~5個・かつお節小1 袋
酒、砂糖、しょうゆ、みりん各大さじ1

<作り方>
(1)ピーマンは縦に細切りにし、ごま油大さじ1で炒める。
(2)しんなりしたら、調味料を加えて炒め、汁気がなくなったら、かつお節を入れてあえる。


5月号食育だより 電子版PDFファイル(1,089KB)
 ⇐食育推進計画のページへ戻る
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る