本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

食育だより平成29年2月号 知って得するパッククッキング

毎月19日食育の日です。

災害時やアウトドアにも、普段の食事にも、一人暮らしや取り分け食が必要な人にも便利な「パッククッキング」をご存じですか?
燕市では、親子の防災教育や地域の防災訓練でも行っており、普段から覚えておくと、とても便利です。
お子さんと一緒に簡単に作れますので、ぜひ挑戦してみてください。

 

パッククッキングとは

ポリ袋に食材を入れて湯せんで火を通す調理法です。ガスや水道、電気などのライフラインが使えなくなっても、カセットコンロ、鍋、水、ポリ袋を準備すれば、簡単な食事を作って食べることができます。

 

ここが便利!

時短でおいしい

半真空状態になるため、味がしみ込みやすく、約20分ほどで完成
 

節水でエコ

・何回でもゆで水が使える
・袋のまま食べられるので洗い物が少ない
 

1度に複数の料理

・中身を変えれば主食からデザートまで多種多様なメニューが楽しめる




 

個々に応じた料理

・ごはんやおかゆ、味の調整など、個々に応じたメニューが作れる


◎ポリ袋は130℃耐熱のものを使用してください。(ポリエチレン製の半透明)


 

 

レッツクッキング

1.材料を用意

材料の硬さにムラがでないよう、大きさはだいたい同じくらいに統一することがポイントです。
 

2.ポリ袋につめる

ポリ袋に材料と調味料を入れ、空気を抜いてから袋の上の方で口を結ぶことがポイント!


 

3.沸騰した鍋で煮る

沸いてきたら火を弱め、煮ていく。

パッククッキングメニュー

ごはん

材料(1人分)
米1/2カップ(80g)・水1/2カップ(100g)
作り方
(1)米をポリ袋に入れ、少量の水でもみ洗いし、水を捨てる。
(2)分量の水を入れ、空気を抜いて口を結び、10~20分そのまま置く。
(3)沸騰した鍋に入れて約20分加熱し、取り出してそのまま10分ほど蒸らす。

※水の量を1カップにすると、おかゆになります。

カレー

材料(1人分)

じゃがいも50g・にんじん20g・玉ねぎ50g・
コーン缶20g・ツナ缶20g・カレールウ1かけ・水80cc
作り方
(1)野菜は小さめに切る。
(2)ポリ袋に材料をすべて入れ、全体になじませて空気を抜いて口を結ぶ。
(3)沸騰した鍋に入れ、約20分加熱する。


※シチュールウに変えるとシチューになります。

他にも様々なパッククッキングメニューがあります。
体験してみたいグループの方は、燕市保健センター(0256-93-5461)へお問い合わせください。

2月号食育だより電子版(PDF/0.53KB)

食育だより一覧ページにもどる

食育カテゴリーにもどる


 
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る