本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

つばめ食育だより平成29年4月19日号 お弁当を作ってみませんか

♪毎月19日は食育の日です♪
4月になり、入園や入学、入社と新しい生活が始まった人も多いのではないでしょうか。
慣れない環境の中で、ひと息つける昼休みは大切な時間です。その時間に、みなさんは何を食べていますか?市販のお弁当や外食でしょうか?それとも、カップ麺?でも、毎日となると飽きるし、カロリーや出費も気になりますよね。そんな時は、手作りのお弁当がおすすめです。
朝は少しでも寝ていたい、時間がないという人も週1回からのお弁当生活を始めてみませんか。

お弁当箱を選ぶ



幼児: 300~400ml 小学生:500~700ml 中高生・成人:700~800ml
小さい子にはフタが開けやすいもの、詰めやすさを重視するなら浅いものがおすすめです。

お弁当箱の裏には上の写真のような表示があります。

容量 500ml

買い替える時に参考にしてみてください。また、○mlはそのまま○kcalとして、置き換えることができます。

栄養も彩りもバランスよく作る




バランスよく食べるように、何をどのくらい詰めればよいか、割合で表したものです。主食3:主菜1:副菜2の割合で詰めると栄養のバランスがよくなります。
 



主食はご飯やパン、麺などの、エネルギー源になるもの。



主菜は大豆、卵、肉、魚などの、たんぱく質や脂質を含むもの。


副菜は野菜やいも、海藻などビタミンやミネラル、食物繊維などを含んでいるもの。



白・黄・赤・緑・茶・黒と彩りよくそろえることも、栄養バランスがよくなるポイントです。

 

お弁当や普段のおかずにも

肉そぼろ
フライパンに、ひき肉300g(豚・鶏どちらでも可)、砂糖・しょうゆ各大さじ2、酒・みりん各大さじ1を入れる。混ぜ合わせた後に、火をつけ、中火でパラパラになるまで炒めたら、おろし生姜小さじ1を加えて完成!!
カレー粉を加えてドライカレーに。卵の中に入れてミートオムレツに。アレンジのできる一品です。

安心して食べられるお弁当

作ってからすぐに食べないお弁当は、衛生面に気をつける必要があります。
大切なのは菌を(1)つけない (2)減らす (3)増やさないの3つです。
 





お弁当は涼しい場所に置く、保冷剤を利用するなどして、お弁当自体が温かくならないようにしましょう。

 
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る