本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

みんなで取り組む つばめの食育

6月は食育月間です

食育とは、を通して丈夫な体と心、豊かな人間性をむことです。生涯にわたって心身ともに健康で、いきいきと過ごすために、食育はあらゆる世代に必要です。
 毎月19日は「1」=「い」、「9」=「く」と読み、「食育の日」とされています。みなさんは「食」について、どんなことに心がけていますか?「食育の日」や「食育月間」を機会に「食」について考えてみましょう。

 

つばめの食育

燕市は、平成29年3月に「第2次燕市食育推進計画」を策定し、食育の推進に努めています。子供から高齢者まで、生涯を通じて健康で豊かな人生を送るために「食を通して心のつばがりと元気なからだを育てます」を基本理念のもと、4つの基本目標を柱に家庭や幼稚園・保育園・認定こども園、学校、職場、地域等の様々な組織と連携しながら、これからも「市民一人ひとりが健康で豊かな食生活を送ること」を目指し食育を推進していきます。

「食育」を知っていますか?

食育とは、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けるとともに、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。
 

基本理念「食を通して心のつながりと元気なからだを育てます」

基本目標1 健康寿命の延伸を目指し、望ましい食習慣を実践する

望ましい食習慣の推進
バランス隊による食育劇親子防災クッキング

基本目標2 食を通じたコミュニケーションと食への感謝の気持ちを育む

食を通したコニュニケーション

男性の料理教室
男性の料理教室の様子はこちら

基本目標3 食に関する様々な体験を通じ、燕市の食文化を次世代へ伝承する

食に関する学習機会
昼食作りの調理実習
 
郷土料理の伝承
けんさ焼き・のっぺ
次世代に伝えたいレシピ集ページはこちら
笹だんご
 

基本目標4 食の安全と地元産農作物への理解を深め、地産地消を推進する

農業体験の促進

スワローズライスファームの田植え
スワローズライスファームのページはこちら


地産地消の推進
新潟館ネスパス
農業まつりでの食育PR
農業まつりのページはこちら(昨年度版)

第2次燕市食育推進計画はこちらからご覧いただけます

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る