本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

つばめ食育だより平成29年11月19日号 健口から健康へ~噛むことの効果~

「健口」とは「健やかな口」を意味する造語です。お口が健康だといいことがたくさんあります。心と体の健康を保ち、豊かな毎日を送るためには、よく噛んで食事ができることが大切です。
 

噛む回数~むかしと今~


みなさんはひと口何回噛んで食べていますか?現代人は、弥生時代の人と比べて、噛む回数が6分の1と大幅に減少しています。加工食品を利用することが増えたり、噛まなくてもいいようなやわらかい食べ物を好むようになったこと。また、食事時間が短くなったことなどが、要因として考えられます。


弥生時代の食事


現代の食事




 

かみかみアップ術

噛む回数が増えると食事をする時間も長くなります。ゆっくり時間をかけて、食事を楽しみましょう。
※可食部10gあたりの平均回数

食材選び

里芋の煮物 17回

筑前煮 31回

噛みごたえのあるごぼうなどの根菜類をプラス

調理法

ロールキャベツ 15回

野菜炒め 52回

煮込むと柔らかくなる野菜を短時間で調理

切り方

野菜サラダ 32回

野菜スティック 53回

繊維にそって切ったり、大きめに切ることで、噛む回数UP
 

噛むことの効果~ひとがすき~

ひと口30回。よく噛んで食べましょう♪
よく噛むことで、口のまわりの筋肉だけでなく、顔全体の筋肉も使われます。そして、たくさんのだ液も出ます。だ液には、消化吸収を高めたり、口の中に入ってくるバイ菌やウイルスの増殖を抑えたり、食べ物を飲み込みやすくする働きがあります。
 
肥満を防ぐ よく噛んで食べると、満腹感が得られます。
糖尿病を防ぐ よく噛むと血糖値が上がりにくく、消費カロリーも増加します。
がんを防ぐ よく噛むことは、だ液の分泌を促し、発がん物質の作用を抑制します。
ストレスを発散 集中力を高め、ストレスを緩和します。「歯ごたえ」って気持ちいいでしょ。
記憶力アップ 脳が刺激され、あたまの働きを活性化します。



 

おすすめ‼かみかみレシピ

おやつやおつまみにもおすすめ。

【材料】
 ごぼう        1本
 から揚げ粉
 (または片栗粉)  適量
 揚げ油         適量       


【作り方】
  1.  ごぼうをよく洗って水気をふき取り、斜め薄切りにする
  2.  市販のから揚げ粉(片栗粉)をまぶして、170度の油でカラッとするまで揚げて出来上がり     



つばめ食育だより11月号電子版(PDF/605KB)

食育だより一覧ページへ戻る

食育カテゴリーへ戻る 
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る