本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

つばめ食育だより平成30年2月19日号 キッチンから考えるエコ 食品ロスを減らそう

日本の食料自給率は38%(平成28年度)で、多くの食料を輸入しています。しかし、食べられないまま多くの食品が捨てられている現状があります。
【MOTTAINAI(もったいない)】を意識して、日頃の食生活を見直しましょう。

日本の食品廃棄物

日本の食品廃棄物(年間)2775万トン

食品ロス(まだ食べられるのに廃棄されている食品)約621万トン

食品メーカーや小売店などから出るもの約339万トン

家庭から出るもの約282万トン
 一人あたりお茶碗約1杯分(約134g)相当の食べ物を毎日捨てている計算になります。

(農林水産省及び環境省平成26年度推計より)

家庭内における食品ロスの内訳

賞味期限、消費期限切れなどで、手つかずのまま廃棄された食品
18%
作りすぎてしまった料理や食べ残し
27%
食べられるのに、捨ててしまう葉や皮など
55%
                              (消費者庁より)
 

食品ロス削減のために、私たちにできること

買い物

買い物前に在庫をチェック











買いすぎない



手前に陳列されている食品から買う

料理

食材は無駄なく使う



残った食材・料理は別のものにリメイク


作りすぎない




 

食事

残さず食べる




残った料理は適切に保存し、早めに食べる




 

リメイクレシピ

       根菜の煮物            →               炊き込みごはん
                          

 煮物の具を細かく刻み、お米の上にのせ、お米と同じ分量の煮汁(または水)を加えて炊く


きんぴらごぼう          →              ごぼうサラダ

                    
残ったきんぴらごぼうに、マヨネーズ、すりごまを混ぜ合わせる



食品ロスを減らすことは、環境や家計にもやさしくなります!!



平成30年2月19日号食育だより電子版(PDF/648KB)

←食育だより一覧ページに戻る

←食育インデックスに戻る

 
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る