本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

つばめ食育だより平成30年4月19日号 早寝早起き朝ごはん

子どもたちが健やかに成長していくためには、「バランスのとれた食事」、「適切な運動」、「十分な休養・睡眠」など、規則正しい生活習慣が必要です。
生活習慣の乱れは、学習意欲や体力、気力の低下、健康への悪影響につながるおそれがあります。
朝の光を浴びて目を覚まし、夜は暗く、静かな環境にして早く寝る習慣を付けましょう。
子どもも大人も「早寝・早起き・朝ごはん」の習慣をつけて、元気に活動しましょう。

早寝早起きよいリズム

眠りは子どもの豊かな発育に欠かすことができません。

眠りの役割

心身を休養させる
身体と脳を十分に休養させ、心身の疲労を回復させています。
からだをつくる
深い睡眠のときに分泌される成長ホルモンは骨格筋をつくる、免疫力を高めるなどの大切な役割をもっています。

こころを強くし、頭をよくする
昼間学習したことや経験したことは、眠っている間に整理され、記憶されます。さらに知識が組み合わさって発展したり、能力が向上します。
早寝早起き朝ごはんガイドより

生活リズムの改善は、早起きから始めましょう

朝の光を浴びると、脳の覚醒を促す脳内ホルモンが活発に分泌され、頭がスッキリと目覚め、集中力が上がります。
 

朝ごはんでスイッチオン

朝ごはんのメリットは、栄養補給だけではありません。
おいしく朝ごはんを食べるために、寝る2時間前までには夕食(夜食)を食べ終わりましょう。

あたまのスイッチON
ごはんなどに含まれている炭水化物は、脳のエネルギーとなるブドウ糖の値を上昇させ、脳の活動力がアップします。


からだのスイッチON
朝ごはんを食べることで体温が上昇し、体や脳も活動を始めます。


おなかのスイッチON
朝ごはんを食べると胃や腸が刺激され、内臓も目覚めます。そして朝の排便習慣につながります。

 
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る