本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

つばめ食育だより平成30年5月号『もっと』野菜を食べよう‼

普段の食事で、野菜を食べていますか?県内の成人一日あたりの平均野菜摂取量は344.6gとされ(平成27年県民健康・栄養実態調査結果より)、一日に350gの野菜を毎日とるのはまだちょっと難しいですが、少しずつ意識して、野菜に親しむところから始めてはいかがですか?
野菜はビタミンやミネラルなど体に重要な栄養素の供給源であり、生活習慣病の予防や健康の維持に役立ちます。今よりも「野菜」を一口多く食べる工夫をしてみましょう。

野菜を意識して、今よりもプラスするコツ

  • カット野菜・冷凍野菜を使う
下ごしらえの必要のないカット野菜などを、野菜炒め、スープやラーメン、汁物などに使ってみましょう。
  • そのまま食べられる生野菜を活用
洗ってちぎってサラダにして、ドレッシングをかけて。肉や魚の付け合わせに。見た目もボリュームUP!
  • 野菜ジュースにする
季節の果物と、葉物野菜、にんじん、トマトなどを一緒にミキサーにかけて。
  • みそ汁・スープにいろんな野菜を手軽に入れる
もやしや水菜・大根の刺身のつまを汁物に。仕上げは乾燥わかめで彩りもよく栄養価アップ!
  • 地域の野菜直売所を探検して、おいしい旬の野菜と出会う!!
燕市農産物直売所はこちら

プチ家庭菜園気分で、もっと楽しく野菜に親しむ!

写真
  • 野菜のリサイクル:切り落として捨てるはずの大根・人参の頭の部分を水につけておくと葉が出てきます。(サラダやお肉・お魚の料理の飾りに使えます。)豆苗・水菜・三つ葉などは根から3cmくらい上をカットし、根の部分を水につけて数日おくと、再度収穫できます。
 
  • 各種スプラウト(貝割れ大根・ブロッコリーなど):種からまいて水栽培で簡単に育ちます。
 
  • プランターで:パセリ・サンチュ・二十日大根・プチトマトは初心者も育てやすい野菜です。

植物の成長を楽しみながら、食事に彩りと栄養を補うことができます。

平成30年度5月19日号食育だより電子版(PDF/1,387KB)

食育だより一覧ページへに戻る

食育インデックスに戻る
市では、健康を「病気を予防すること」と「元気を増進すること」の2本の柱を主軸に健康づくりを展開しています。
食育推進では「食」を通して体の健康と心(気持ち)の健康に主軸をおき、子どもから高齢者まですこやかな心と体の成長、いくつになっても健康で豊かな人生を送るために基本理念を「食を通して心のつながりと元気なからだを育てます」としました。
このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

燕市保健センター

電話番号:0256-93-5461

健康推進係

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る