本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

つばめ健康3つのススメ

はじめよう!自分らしい健康づくり

「いつまでも元気でいたい!」の願いをもとに、燕市健康増進計画を作成し、市民協働の健康づくりを推進して10年がたちました。地区組織活動や健康づくりマイストーリー運動の推進などの成果が見られたのですが。。

燕市が抱える健康課題

  • 男女ともにメタボの割合が国・県の平均より高い
  • 脳梗塞・脳出血・心筋梗塞で死亡する割合が国・県の平均より高い
  • 死因の第1位はがん(悪性新生物)である
  • 地域や人とのつながりが希薄になってきている
  • 育児に関する不安や負担を感じる人が増えてきている
  • 若年者や高齢者の自殺率が横ばいである

あなたに『お勧め』 みんなに『お薦め』 元気に『進め』

普段の生活の中に、健康を保持増進する秘訣があります! つばめ健康3つのススメ
PDF版でご覧いただくこともできます。PDF版3つのススメはこちら(3.16MB)

燕市保健推進委員協議会、燕市食生活改善推進委員協議会、燕市元気磨きたいの3つの団体がおススメする内容です。
けんこう3団体
 

夕食後2時間ダイエット

夕食は遅くとも就寝2時間前までに、よく噛んで、ゆっくり食べましょう。

  • よく噛むことで、満腹感が得られ、血糖値の上昇もゆるやかになります。消化・吸収によく、肥満防止や美容効果があります。
  • 寝る前の間食やお酒は、脂肪がたまる原因になります。夕食後は、間食やお酒は控えて寝る前に歯みがきを。
  • 朝の目覚めもスッキリ迎えられ、朝食もおいしく感じられ、ダイエットへとつながります!!

どうしても夕食が遅くなってしまう、あなたへのおススメ

のこ、菜、藻、んにゃくなど、カロリーで足感が得られるレシピを活用しましょう。
豆乳スープ
夜にぴったり!ブロッコリーの豆乳スープ
 
材料(2人分)
ブロッコリー(100g)
ねぎ1/2本(50g)
しょうがせん切り(1かけ)
プチトマト(2個)
ごま油(小さじ1)
水(1カップ)
鶏がらスープの素(小さじ1)
調整豆乳(1/2カップ)豆乳スープ
作り方
(1)ブロッコリーは小房に分ける。ねぎは縦半分に切ってから斜めに切る。プチトマトは半分に切る。
(2)鍋にごま油を熱し、ねぎとしょうがを炒め、香りが立ったら水とスープの素を加える。煮立ったらブロッコリーを加えて2~3分煮、プチトマトと豆乳を加えて温める。
(1人分栄養価90キロカロリー)

まめ・ちょこ生活

こまめに動く、ちょこちょこ動く、それならいつでも、どこでも、だれでもできます。

気付けば足腰じょうぶでマメになれる、寝つきがよくなる、スタイルがよくなる、そんな「まめ・ちょこ」生活を提案します!
  • こまめに家事
    こまめに家事をすることを心がければ、身体も家もスッキリ・キレイになります。
  • 買い物はチャンス
    車よりは、徒歩か自転車で行く。カートを使うより買い物かごを使用すれば、筋力アップにつながります。
  • できるだけ階段を
    エレベーターやエスカレーターを使わずに、階段を使えば消費カロリーがアップします。腕を振るとさらにアップ。
  • 習慣と結び付けて
    よく見るテレビ番組のCMの時間、ストレッチや足踏み、足上げなどをすると決めて日常生活に取り入れれば、無理なく継続できます。
つかまりながら足上げ


おすすめの運動を広報つばめ平成29年8月1日号でくわしく紹介しています。

みんなでつける「ポイント手帳」

つながるきっかけ・ひろがるきっかけづくりには「ポイント手帳」がおススメです。

毎日つければ景品がもらえて、みんなでつければ笑顔になれます。
ポイント手帳は健康づくりへの第1歩です。
  • 健康管理に
    カレンダー形式の手帳には、健康にいいことがいっぱい!日々の健康チェックに活用できます。
  • 日記代わりに
    「ひとこと日記」に今日の出来事や食べたものを記入して、日記の代わりに毎日つければ、脳トレにもなります。
  • 健康イベント情報をゲット
    健康に関する市内のイベントがズラリと掲載されていて、イベントにたくさん参加すればもっともっと健康になれます。
  • 会話づくりのきっかけに
    「ポイント手帳持ってる?」「持ってるよ」「自由目標何にした?」「え~、なにそれ」
    家族や友人と見せ合って、楽しい会話が弾みます。

つばめ元気かがやきポイント事業とは
健康づくりに取り組むことでポイントが貯まり、抽選で景品が当たり、健康につながる事業のことです。ポイント手帳(冊子)に記録するか、パソコンやスマートフォンで記録することもできます。
くわしくはこちら:平成30年度 つばめ元気かがやきポイント事業
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る