本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

つばめ食育だより平成30年6月号 食事をおいしく楽しくする食事のマナー

食事マナーを身につける理由は、自分自身が食事をスムーズにすすめるためと、他人に不愉快な思いをさせないための両方があります。  食事への感謝の気持ちを忘れずに、マナーを守って食事をおいしく、楽しくいただきましょう。

マナーを身につけよう

(1)姿勢を正そう
よい姿勢は、テーブルと体の間をこぶし1つ分くらい開け、きちんと腰かけ、背筋をまっすぐに伸ばした状態です。
(2)他の人の迷惑にならないようにしよう
口に食べ物を入れたまま話したり、食事中にふさわしくない話をしたりすると、他の人の迷惑になるので気を付けましょう。
(3)食器をきちんと持とう
茶わんやはしをきちんと持ちましょう。食べこぼしを防いで食べやすくなり、見た目も美しく見えます。
(4)感謝のこころを忘れないようにしよう
「いただきます」「ごちそうさまでした」
食事を作ってくれた人や、命あるものをいただくという感謝の気持ちを忘れないで、残さず食べるようにしましょう。

正しい箸づかいは美しい

上手に持てたら、上の箸だけ動かしてみよう

やってはいけない箸の使い方

刺し箸 渡し箸 指し箸 迷い箸 寄せ箸
箸を突き刺して料理をとること 箸と箸で食べ物をやりとりすること

食事中に箸で人を指すこと

何を食べようか器の上で箸を動かすこと 箸で器を引き寄せたりすること

気持ちを込めて言葉に

私たちの食事は多くの人やものに支えられて成り立っています。そのことに感謝しながら、食事をしましょう。食事のマナーは、日々の生活の中で体験を通して覚えていきます。大人も子どもも一緒に食事のあいさつをしましょう。
H28燕市食育推進アンケートより

毎食のあいさつをしている人は約6割
 
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る