本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

つばめ食育だより平成30年10月19日号 ついつい噛みたくなる食事の工夫

毎月19日は食育の日です。 一口につき30回噛もうと言っても、なかなか習慣化しにくく噛めないものです。食材選びや調理のひと工夫で、意識しなくても噛む回数が増えたり、つい噛みたくなる食事を体験してみましょう。また、テレビを消して「ゆっくりと」「よく味わいながら」「楽しく」食事をとることで、自然と噛む回数は増えていきます。

噛む回数が増える調理のポイントとおすすめ食材

素材の数を増やす

異なる食材の組み合わせで自然と噛む回数が増えます。
例)ほうれんそうのおひたし
+にんじん、えのきだけ
+コーン、ツナ
+納豆、海苔 など

大きく切る

包丁の「刃」ではなく自分の「歯」を使って食べましょう。

加熱時間を短く

ゆで時間、煮込み時間等短くし、歯ごたえを残しましょう。
光熱費もおトクに。

噛むことが楽しくなる食材

歯切れ・歯ざわりのよい食品

りんご、れんこん、きゅうり、大根(生)、人参(生)、たけのこ、セロリ、うど、スナップえんどう、アスパラガス

例)れんこんやたけのこ入りのハンバーグ・野菜スティック

歯ごたえのある食品

大豆、ししゃも、厚切り肉、鶏胸肉、鶏軟骨、たこ、いか、貝
こんにゃく、ゴーヤ、もやし、ごぼう、きのこ
乾物(高野豆腐、パプリカ、切り昆布、切干大根、ひじき、煮干し)

例)五目豆・鶏胸でチキンカツ・切干大根のサラダ

噛む回数が増える和食の特徴

うす味

味を感じようとよく噛むようになる

食感
繊維を残して切るなど食感が大切
乾物
保存でき栄養あり噛みごたえあり
噛み方
×強く噛む
○ゆっくりと何回も噛む
マナー
汁物やお茶で流し食べしない
 

子どもが噛むようになる声かけ

  • 「カミカミ上手か見せて~上手だね~」
  • 「ママとどっちがいい音出るかな」
  • 「あと10回一緒にかんでみよう~」
  • 「何を食べてる音か当てようかな」
※テレビは消しましょう

歯っぴーフェア2018に行こう!

日時 11月25日 日曜 午前9時~正午
会場 燕市保健センター
内容 
・歯科健診・歯科相談・フッ化物歯面塗布(9時45分~11時30分)
・講演会「よく噛んで生活習慣病とフレイル予防~歯と健康に関する最新情報」新潟大学大学院 小野高裕教授(11時~12時)
・歯によいレシピの紹介
・歯科図面ポスター展示
※どなたでも 参加無料です

平成30年度10月19日号食育だより電子版(PDF/1.61MB)
食育だより一覧ページはこちら
食育カテゴリーはこちら
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る