本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

つばめ食育だより平成30年11月19日号 ノロウィルス食中毒を予防しよう‼

毎月19日は食育の日です。
食中毒は夏場に起こりやすいイメージがありますが、ノロウイルスによる食中毒は、その8~9割が11月から3月にかけて発生しています。
ノロウイルスは、牡蠣などの二枚貝が海で汚染されて、加熱不十分で感染する場合と、感染者のおう吐物などが人の手を介して感染する場合の2つのパターンがあります。感染した人の排泄物(便・おう吐物等)からは、膨大な量のウイルスが排出され、ごく少量のウイルスで他の人に感染します。感染を防ぐことと、二次感染を防ぐための対処が大切になります。

ノロウィルスの予防について

  • 1番の予防法は手洗い!!
爪は短く、時計や指輪を外して、手首まで洗いましょう!
一般的によく利用されるアルコール消毒は、ノロウイルスにはあまり効果がありません。
  • しっかりと加熱調理!
調理器具も清潔に!
食品は、中心温度が85~90℃で90秒以上加熱してから食べましょう!

ノロウィルス感染時の症状

感染後24~48時間で、下記の症状が現れます。通常3日以内で回復しますが、感染してから2週間程度、便などに排出されます!
吐き気・おう吐 下痢 腹痛 微熱
感染しても症状がない場合や、軽い風邪のような症状のこともあります。
自己判断せず、速やかに医療機関を受診しましょう!

ノロウィルス感染者のいる家庭での対処法

  1. 感染者のおう吐物や便を処理する際には使い捨ての手袋・マスクなどを着用し、しっかり換気を行います。
  2. おう吐物をペーパータオルなどでおおい、その上から塩素液Bを注ぎ、10分後に袋に入れて回収します。その後、塩素液Bでおう吐物のあったところを拭きます。汚染された衣類は塩素液Aに30分以上浸してから、他の洗濯物と分けて洗濯します。
  3. 拭き取ったペーパータオルや手袋などは2重のビニール袋に密閉して廃棄します。またビニール袋の中の汚物には塩素液Bを浸して消毒しましょう。
塩素液A(濃度がうすい)
汚染衣類のつけ置き用など
塩素液B(濃度がこい)
汚染箇所や器具の消毒用など
10ml(ペットボトルキャップ2杯)の漂白剤を2リットルの水で薄める
(200倍)
10ml(ペットボトルキャップ2杯)の漂白剤を500mlの水で薄める
(50倍)
一般的な家庭用塩素系漂白剤(濃度6%)
  • 感染者の洗濯物、お風呂の順番、ドアノブ、水道の蛇口などに注意し、他の家族と感染者が接触しないようにしましょう。
平成30年度11月19日号食育だより電子版(PDF/2.5MB)
食育だより一覧ページはこちら
食育カテゴリーはこちら
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る