本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

つばめ食育だより平成30年12月19日号 男性の料理はいいことずくめ

毎月19日は食育の日です。
食生活は健康に生きていくための基本です。その食生活を自分で管理し自立できると、健康度は格段に上がります。身体だけでなく脳にも心にも家族関係にも良い影響はいっぱい。男性も料理に挑戦してみませんか?

男性の料理教室を実施しました

燕市保健センターにて11月13日、11月26日、12月7日の3回コースで各回30名前後の参加があり、にぎやかに行われました。
座学もありますグループで知恵の出しあい
この材料を使ってみんなで調理
完成!
この日のメニューは、さんまのかば焼き・ほうれん草と菊のおひたし・根菜を味わうみそ汁・ごはん・りんごです。

さんまのかば焼きの作り方(3人分)

(1)おろしたさんま3尾に小麦粉をまぶす
(2)フライパンに油を入れて熱し皮目から焼き、両面焼く
(3)余分な油を拭き、酒大さじ2、砂糖大さじ1、醤油大さじ1、みりん大さじ1/2を加えてからめる
(4)皿に盛り、ゆでたブロッコリーを添える

男性に料理がおすすめなわけ

  • 作る楽しみを味わえる
作って達成感を感じ、さらに食べられる美味しい創作活動
  • 家族に喜ばれる
料理の楽しさ大変さが共有できます
家族との会話が増えます
  • 脳の活性化にとてもよい
献立を考え、食材を用意し、調理を段取る
・・・けっこう頭使ってます
五感を全て使うため脳を刺激します

教室参加者にもインタビュー「料理をしてよかったこと」

  • 家での存在感が上がりました。
  • 自分好みの自分のための食生活を考えられる。
  • 料理っておもしろい。
  • 日常に変化が出ました。
  • 減塩を考えるようになった。
  • 妻と料理したり孫と料理を楽しむ。
  • 自分でもやれる、自分に自信が持てた。
保健センターでは男性料理グループの会(健康増進計画実践プロジェクト 男のチューボー)の紹介もしています。お気軽にお問い合わせください。
料理始めてみませんか?

平成30年度12月19日号食育だより電子版(PDF/1.42MB)
食育だより一覧ページはこちら
食育カテゴリーはこちら
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る