本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

つばめ食育だより平成31年1月号 今日から実践!夕食後2時間ダイエット

毎月19日は食育の日です。 燕市では(1)男女ともにメタボの割合が国や県に比べて高い(2)脳梗塞、脳出血、心筋梗塞で死亡する割合が国や県より高いなどの健康課題があり、これについて市民とともに、健康づくりのために大事なポイントを3つにまとめました。それが「つばめ健康3つのススメ」です。今回は、その3つのススメのうちの1つを紹介します。

キーワード「寝る2時間前までに食べ終わる」

夕食は就寝2時間前までに終え、ゆっくり噛んで、ゆっくり食べることで胃腸の消化吸収力も良くなり、朝の目覚めもスッキリし、朝食をしっかりとれます。夜の飲食は太りやすいため、朝型にシフトすることでダイエットの近道に!

よく噛むとやせる

よく噛むと、満腹感が得られ、血糖値の上昇も緩やかになります。
ひとくち、30回を噛むことが理想です!
ヒント:野菜は大きく切る・乾物を利用・主食はパンや麺よりもごはん食に。
さらに雑穀米・分づき米などを利用。

寝る前の飲食は×

寝る前の間食やお酒は、脂肪がたまる原因に。夕食後は、間食やお酒は控えましょう。
ヒント:食後早めに歯磨きをして、お口をスッキリに。温かいハーブティーなどのお茶をノンシュガーで味わう工夫を。

夕食が遅くなる時は…

ヒント:きのこ・海そう・野菜・こんにゃくなど、低エネルギーでも満足感が得られる食材を活用しましょう。また早めの軽食(おにぎり・バナナ・サンドイッチ・牛乳など)を取り入れ、夕食の食べ過ぎを防止しましょう。

夕食には、具だくさんの汁物がおすすめ低カロリーで野菜たっぷり
 

つばめ健康3つのススメ

あなたにお勧め・みんなにお薦め・元気に進め
「つばめ健康3つのススメ」について、もっと詳しく見ることができます。→つばめ健康3つのススメ

平成31年度1月19日号食育だより電子版(PDF/2.82MB)
食育だより一覧ページはこちら
食育カテゴリーはこちら
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る