本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

つばめ食育だより平成31年4月19日号 見直してみよう!塩のとり過ぎになる10の食習慣

毎月19日は食育の日です。 普段の食生活で、以下の項目にこころあたりはありませんか?あてはまる項目が多いほど、塩のとり過ぎになります。あてはまる習慣を見直し、ちょっとずつ「塩」を減らす生活=「ちょいしお生活」をはじめましょう!

塩のとり過ぎ新潟県民の10の食習慣

推定食塩摂取量をもとに解析した10項目の図
  1. 食事は満腹になるまで食べる
  2. 主食を重ねて食べる(例:ラーメンとチャーハン、うどんと丼もの、カップラーメンとおにぎり等)
  3. 丼もの・カレーライス・めん類を週3回以上食べる
  4. 煮物を1日に4皿以上食べる(例:野菜の煮物だけでなく、煮魚、肉じゃが、ひじき煮なども含みます)
  5. 漬け物を1日に2種類以上食べる
  6. たらこやすじこ等を1日に1回以上食べる
  7. めん類の汁を三分の一以上飲む
  8. 濃い味付けを好んで食べる
  9. 外食を週に2回以上する
  10. 毎日飲酒する
新潟県民760人の食生活調査と尿中ナトリウム量から算出した推定食塩摂取量をもとに解析(新潟県立大学/2013-2015)「新潟県栄養政策策定及び評価体制構築のためのデータ分析ワーキング」作成(2015)

食生活改善推進委員がイベントやスーパーで調査しました!

燕市民がついやってしまう食習慣(複数回答可)
第1位 食事は満腹になるまで食べる(35%)
第2位 めん類の汁を1/3以上飲む(33%)
第3位 濃い味付けを好んで食べる(25%)
第4位 漬け物を1日に2種類以上食べる(21%)
第5位 毎日飲酒する(19%)

(農業まつり等イベント8か所1,023名の調査より)
 
3年継続して調査・啓発を行ってきて、市民の減塩への意識の高まりを感じました。引きつづき「ちょいしお生活」を心がけましょう。
この他にも2,233名の方に対話・訪問で啓発しました。

塩分の多い外食メニューの塩の量を展示しました。
   
サンドイッチ塩分2.8g     カレーライス塩分3.7g   ラーメン塩分4.7g
  • 食塩摂取量の目標・・・女性7g未満、男性8g未満
減塩の達人になるコツはこちら

平成31年度4月19日号食育だより電子版(PDF/797KB)

食育だより一覧ページはこちら

食育カテゴリーはこちら
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る