本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

つばめ食育だより令和元年8月19日号 もっと知りたいお酒のこと

毎月19日は食育の日です。
この時期、ついつい飲み過ぎてしまうお酒ですが、節度ある適度な飲酒を心がけることが大切です。肝臓病や生活習慣病の悪化を防ぐためにも、週に2日休肝日を設け、量を守って楽しみましょう。

1日のアルコールの適量はどのくらい?

アルコールのとりすぎはなぜダメなの?

アルコールのカロリーは身体活動や脳のエネルギー源にはなりません。そのため脂肪として肝臓に蓄えられ、飲みすぎてしまうと脂肪肝になってしまいます。さらに飲み過ぎると生活習慣病に悪影響を与えてしまうほか、アルコール性肝炎や肝硬変になることもあります。

お酒の疑問Q&A

  • 適量よりも控えたほうがいい場合もあるの?
Yes 65歳以上の人、女性、少量の飲酒で顔が赤くなる人はアルコールの代謝能力が低いため、適量の半分以下にしましょう。
  • 日本酒より焼酎がいいって聞くけど本当?
No アルコール自体に、尿酸値を上げる作用があります。 そのため日本酒から焼酎に変えても特別な効果はありません。
  • お酒を飲むときにご飯は食べなくてもいい?
No 食事をとらないとアルコールの吸収が早くなってしまいます。血中のアルコール濃度が急激に高くならないように食事は必要です!アルコールにカロリーはありますが、体に必要な栄養はありません。お酒のつまみはいつも通りの食事で♪
  • 寝酒はダメ?
Yes 寝酒は眠りを浅くしてしまいます。眠れないからといってお酒に頼るのはNGです!

肝臓のひとり言・・・

◎適量のお酒を分解するのに3~4時間かかるよ。 多量飲酒(1日3合以上)は特に注意!
◎お酒には食欲増進作用もあるので、食べ過ぎに注意しようね。

令和元年度8月19日号食育だより電子版(PDF/418KB)
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る