本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

つばめ食育だより令和2年6月19日号
「新しい生活様式と食育」

毎月19日は食育の日です。
感染防止のための暮らし方として買い物や食事も新たな実践例が示されています。新たな生活様式を楽しくとらえ工夫しながら、健やかでわくわくする食生活に結び付けていきましょう。めざそう、WISE*な食育!
*WISE: Well-being健やかで|Interesting面白く|Sustainable持続可能|Excitingわくわくする

新しい生活様式とつばめの食育

燕市の食育で目指すところを新しい生活様式とからめて紹介する食育啓発ティッシュを配布しています。
裏面は16種類
図書館や公民館、農産物直売所、保健センター等で配布(なくなり次第終了)

(1)燕市の農産物直売所で買い物してみよう

オープンで開放的な所が多く、密を避けた買い物ができる上に、新鮮かつ手頃な値段で燕産農産物が手に入ります。
買い物は、少人数で計画的に素早く

(2)買いすぎ・作りすぎに注意して食品ロスを減らそう

過度な買いだめをしないで、食料品は必要な分だけ買いましょう。
☆必要な買いものを短時間で済ませるコツ
「ボードに、買いたいものをその都度書きこみ、買い物前に写真を撮っていきます。」

(3)おいしい・楽しいと感じながら食事をしよう

屋外空間で気持ちよく食事をしたり、お店のごはんを家で楽しむ、時間のある時は新しい料理に挑戦等、食を通して生活を楽しみましょう。

(4)農作物を育てたり収穫体験をしてみよう

家時間を楽しむ1つに、簡単な野菜作りを始めてみませんか。
育ち、収穫、食べる喜びが味わえます。
「豆苗が成長する様子が楽しい!ポイントはこまめな水替え。」

(5)野菜を毎食食べよう

家での食事が増えている今、野菜料理をたくさん食べることで、農家を助け、家族の健康維持にもつながります。
☆よく作る野菜料理
「小松菜・トマト・ベーコンを炒め塩こしょうし、最後に溶いた卵を入れ炒めた料理です。」

(6)毎食、主食・主菜・副菜をそろえた食事をしよう

3つそろった食事が免疫力を高めウイルスに負けない食事の基本。
盛付けは大皿より個々に
「子どもが野菜を食べるように、卵にモロヘイヤやきのこを混ぜてオムレツにしています。」

(7)食事を作る手伝いをしよう

家での食事が増えると家事負担も増加します。夫婦や家族で分担し、簡単な料理や片付けなど、できることを手伝いましょう。
6月の食育月間は市内3図書館で食育の本コーナー設置中!家族で取り組むレシピの参考にご覧ください。
 
 
※新しい生活様式と食育は全部で16項目あります。
この他の項目についてはこちらからご覧ください。

簡単料理や野菜を毎食食べるヒントとして

簡単野菜料理をまとめたベジ足しパンフレットを作成しました。
保健センター、市役所17番窓口健康づくり課にて配布しています。
ダウンロードはこちらから

熱中症に注意しましょう

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る