本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

病児・病後児保育登録のご案内

県央地域では初めての病児保育室「あおぞら」が平成26年4月10日(木)よりオープンしました。

病児・病後児保育とは

お子さんが病気や病気の回復期で、保育園等での集団保育が困難で、かつ保護者の事情で家庭での保育が困難な場合に、専用施設で一時的にお預かりをする事業です。

リーフレットを印刷する場合はこちらをダウンロードしてください。➜利用登録のご案内(PDF・288KB)

対象となるお子さん

次のすべての条件を満たすことが必要です。
(1)燕市に居住する生後6か月から小学校6年生までの児童であること
(2)病気(病気の回復期)で集団保育が困難であること
(3)保護者の勤務等の都合で、家庭での保育が困難であること

実施施設

名称 病児保育室「あおぞら」 
所在地 燕市吉田3507番地3(たかだ小児科医院併設)
定員 8名
電話番号 0256-78-8014

開設日時

開設日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
開設時間 午前8時30分から午後5時30分まで
延長保育 午前8時から午後6時まで、それぞれ30分間の延長ができます。

利用料

1日あたり2,000円(4時間以内の利用は1日あたり1,000円)
利用時間を延長した場合は、1日の利用料にそれぞれ200円が加算されます。

利用の方法

(1)事前の登録が必要です。「病児・病後児保育室利用登録票(PDF173KB)」を燕市子育て支援課に提出してください。お子さんの急病などにより、やむを得ず、病児保育室「あおぞら」に提出する場合、個人番号(マイナンバー)欄は記入不要です。
(2)かかりつけの医療機関に受診し、医療機関より「病児・病後児保育病状連絡票(PDF56KB)」を記入してもらってください。(指定用紙は市内の小児科・内科の医療機関に用意してあります。)
(3)前日の午後5時30分までに、病児保育室「あおぞら」に電話で利用の予約をしてください。
(4)利用する当日は、病児・病後児保育病状連絡票や保育に必要なものを持参し、病児保育室「あおぞら」へお越しください。

準備するもの

  利用当日は次のものを準備し、ひとつのかばんに納めて持参してください。なお、持ち物には必ず記名をしておいてください。
・医師の発行した「病児・病後児保育病状連絡票」
・医師の診断で処方された薬
・昼食
・健康保険証
・母子健康手帳
・お薬手帳
・飲み物(赤ちゃんはミルク、哺乳瓶等)
・着替え用下着
・衣類(おむつ等) 

利用料の減免

以下の世帯は利用無料です。
・生活保護受給世帯
・前年度市民税非課税世帯(4月~8月利用分)
・現年度市民税非課税世帯(9月~3月利用分)
ただし、毎年度免除申請が必要となります。
申請書はこちらをダウンロードしてください。➜病児・病後児保育事業利用料減免申請書(PDF・74KB)
申請書は燕市子育て支援課に提出してください。お子さんの急病などにより、やむを得ず、病児保育室「あおぞら」に提出する場合、個人番号(マイナンバー)欄は記入不要です。

 

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会子育て支援課

電話番号:0256-77-8222

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る