令和3年度からのがん検診の変更

更新日:2021年03月01日

【令和3年度から】燕市のがん検診の変更点をお知らせします

令和3年度から、燕市のがん検診が変わります

がん検診体制の改正

白衣を着た医師が問診をしているイラスト

根拠に基づく効果的ながん検診について、厚生労働省が示す「がん予防重点教育及びがん検診実施のための指針」に沿い、検診の実施体制や対象年齢を見直しました。

検診体制の変更内容

検診体制の詳細
検診名 現行 改正後
子宮頸がん検診 20歳以上を対象に、集団検診と医療機関検診を実施
  • 医療機関検診のみ
  • 20~39歳は毎年実施、40歳以上は偶数年齢の年に実施(ただし、奇数年齢で前年度未受診の方も対象です)
乳がん検診 マンモグラフィで、40~64歳は2方向撮影、65歳以上は1方向撮影 マンモグラフィで、40~49歳は2方向撮影、50歳以上は1方向撮影
大腸がん検診 30歳以上を対象に実施 40歳以上を対象に実施
前立腺がん検診 50歳以上を対象に実施 50~80歳(50、55、60、65、70、75、80)5歳ごとの節目年齢を対象に実施

自己負担額の改正

どの年代にも分かりやすく、若い年代も受けやすいがん検診料金としました。

自己負担額の変更内容

銀色の硬貨を掲げる笑顔の男性のイラスト
  • 65歳以上の自己負担金無料年齢の廃止
  • 各種がん検診(肺(胸部レントゲン)・喀痰・胃(バリウム)・大腸・子宮・乳・前立腺)の自己負担金を、一律500円に統一

(ただし、生活保護世帯・住民税非課税世帯の方は、事前申請で自己負担金を免除します。 )

リーフレットのダウンロード

「令和3年度から燕市のがん検診が変わります」リーフレットのダウンロードはこちらからできます。

お問い合わせ

詳細は、下記までお問い合わせください。
燕市健康づくり課(電話:0256-77-8182)
燕市保健センター(電話:0256-93-5461)

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康づくり課 保健センター

〒959-0242
新潟県燕市吉田大保町25番15号

電話番号:0256-93-5461

メールフォームによるお問い合わせ