若monoデザインコンペ協力企業紹介【株式会社ツボエ】

更新日:2021年03月01日

例年ならデザイナーや学生から直接工場を見学してもらい、デザインのイメージを膨らませてもらうところですが、今年は新型コロナウイルスの感染症の影響で県外から来ていただくのは難しい…。そこで、事務局が工場見学した内容をSNSやウェブサイトに掲載する方法で情報発信することに決め、協力企業各社へ取材に行ってきました。

工場見学【株式会社ツボエ】

北陸新幹線燕三条駅から車で5分程度、住宅街の中にある株式会社ツボエ。
事務所に入ると壁一面に展示された大小様々なおろし金の数々が目に入る。ツボエでは自社製品、OEM(受託製造)製品を合せると現在約100種類ほどのおろし金を製造している。

大小様々なサイズや素材、つくりのおろし金が壁に並べられている写真

【業務用から家庭用まで大小様々なおろし金が並ぶ】

「早速、隣の工場から見ますか」
社長の笠原さんから案内された先にはステンレスや銅の板がところ狭しと置かれていた。
ツボエでは鋼材(金属の板)の購入から成型、洗浄、仕上げの磨きまで自社で一貫して行っている。

銅(茶色)やステンレス(白)の鋼材が部屋に置かれている写真

【側面が茶色の物が銅、白い物がステンレス(青い物は保護シートが貼ってある)】

「目立ての工程はおろし金の命だから企業秘密だけど、他の工程はお見せ出来ますよ。」
工場内は作業工程別に部屋が分かれ、各部屋にはプレス機、洗浄機、研磨機など各工程で使用する機械が1~2台ずつ無駄なく配置されていて、それぞれの機械の前で作業する人の姿があった。
最初は1枚の板だったところから、プレス機でおろし金の形に打ち抜き、プレスの際に出た歪みを取り、持ち手部分の穴をあけ、穴をあけた部分のバリ(加工の際に出るささくれ)を取り…と工程は進んで行く。
目立ての工程は見られなかったが、金属の板から少しずつ製品が形作られていく工程は見ていて楽しいものだった。
ものづくりの現場を見学させてもらい、普段何気なく使っている製品が何段階もの製造工程、そして人の手を経て製造されているのだと実感した。

プレス機で作られた直後の、おろし金のヘラの部分を掲げている写真

【大きな板からプレス機でおろし金の形に打ち抜く(商品毎に金型は取替える)】

若monoインタビュー【株式会社ツボエ】

若monoコンペに期待するのはどんなことでしょうか。

やっぱり自分たちでは思いつかないデザインが出てくることかな。前回のコンペでも出てきたデザインは「製品化したら売れる」って思えるデザインばかりではなかったんだけど、でも「自分では思いつかなかったな」というデザインに出会えるからね。通常は「こういう物が欲しい」という風にデザイン会社に依頼するんだけど、若monoコンペの場合は用途(大根おろし用やわさび用)とかそういう制限を無くして自由な発想でデザインしてもらうから。そういう自由な発想でデザインされたおろし金を見るのは自分が商品を考えるうえでもプラスになると思うね。

目元に笑みを浮かべている、眼鏡をかけた黒のマスクを着けた男性が椅子にかけている写真

【社長の笠原さん】

協力企業がデザインテーマを出す形になったのは昨年からですが、ツボエさんはそれ以前から若monoコンペに協力していただいていました。

協力企業は2年目ということになるけど、若monoコンペは第1回の受賞作品の試作(残念ながら製品化には至らず)もさせてもらったし、第3回の受賞作品2つの試作もしていて、ずっと関わってきたよね。第3回の受賞作品のうち「Leaf」という作品名だったおろし金が「irogami」という名前でもうすぐ製品化されるよ。

様々なカラーバリエーションがある、薄い1枚分のおろし金のヘラの部分の製品「irogami」のパッケージの写真

【若monoコンペの受賞作品を製品化した「irogami」】

こぼれ話(若monoコンペと直接関係ありません。)【株式会社ツボエ】

事務所に熱帯魚がいますけど、社長様の趣味ですか

熱帯魚は会長の趣味で、私の趣味は巨鯉釣りです。普通の鯉ではなくて、最低でも80センチメートルクラスの大きいサイズを狙うんですよ。
実は趣味が高じて自分で巨鯉釣りの道具を製造・販売もしています。巨鯉釣りは人口が少なすぎて大手の釣具メーカーは専用の道具を作ってくれないですからね。例えば巨鯉用に径が大きいタモ(魚を掬うための網)なんかを製造していますよ。自社の技術の応用で製造できますからね。

若monoインタビュー

以上、おろし金専門メーカーと言いつつ、実は釣具も製造している株式会社ツボエさんでした。

関連リンク

株式会社ツボエの企業情報はホームページをチェック(外部サイトに接続します。)

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 商工振興課

〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地

電話番号:0256-77-8231

メールフォームによるお問い合わせ