燕市ふるさと納税を活用した資金調達支援制度(クラウドファンディング型ふるさと納税)

更新日:2021年08月01日

燕市では、ふるさと納税を活用し、燕市内の事業者の新商品・新技術開発や地域振興事業などの新たな事業プロジェクトを支援します。ぜひ、ご利用ください。
詳しいことは商工振興課新産業推進係におたずねください。

申請書は燕市役所商工振興課に用意してあります。
また、下記制度概要内のWordファイル・PDFファイルをクリックすると申請書等が表示されますので、印刷してご使用ください。

制度概要

制度名

燕市ふるさと納税を活用した資金調達支援制度(クラウドファンディング型ふるさと納税)

助成の対象

ふるさと納税を活用し、燕市内の事業者の新商品・新技術開発や地域振興事業などの新たな事業プロジェクトを支援します。

現在は令和3年度掲載事業を受付中です。

令和3年度掲載事業の募集要領は以下のファイルをご覧ください。

対象事業

市内で実施する次のいずれかに該当する事業

事業枠と対象事業の詳細
事業枠 対象事業
新事業創出枠 地域経済の活性化や雇用の安定・確保に資する事業
  • 新規性や成長性の高い新商品・新技術やサービスなどの創出
地域振興枠 地域文化、教育、スポーツ等の振興に資する事業
  • 地域資源の活用などにより公益性が高く地域振興に貢献
    (イベントの開催を含む)

受付期間とサイト掲載までのスケジュール

申請受付

1年を3ヶ月毎の受付期間に分割し、受付期間内に応募のあったものを一括で審査しています。

受付期間は以下の1~4の期間となります。(※土・日・祝日を除く)

1:1月1日~3月31日

2:4月1日~6月30日

3:7月1日~9月30日

4:10月1日~12月28日(翌年度のサイト掲載分)

※ただし、3の期間は「地域振興枠」のうち事業期間が年度を跨ぐもののみが対象です。

審査会

上記の期間内に申請のあった事業を締切日の翌月の審査会で審査します。

1(1月1日~3月31日申請分)=4月審査会

2(4月1日~6月30日申請分)=7月審査会

3(7月1日~9月30日申請分)=10月審査会

4(10月1日~12月28日申請分)=1月審査会

議会での予算化

採択された事業について議会(定例会)にて予算化します。

4月審査会での採択分=6月議会

7月審査会での採択分=9月議会

10月審査会での採択分=12月議会

1月審査会での採択分=3月議会

クラウドファンディング型ふるさと納税サイトに掲載

議会で予算化された事業をふるさと納税サイトへ掲載します。

6月議会で予算化された分=7月からサイトへ掲載

9月議会で予算化された分=10月からサイトへ掲載

12月議会で予算化された分=1月からサイトへ掲載

3月議会で予算化された分=4月からサイトへ掲載

対象経費

認定事業を実施するため、補助対象期間で支出した全ての経費
(注意)ただし、国又は他の団体から交付される補助金等の額は除く

補助内容

ふるさと納税専門サイト「ふるなび」で集まった寄附金の合計額から、サイト運営事業者に支払う手数料(10%+税)を除いた額を上限に、認定事業の実施に要した経費を補助します。

受付期間

次の期間に提出された申請に限られますのでご注意ください。

新事業創出枠 2021年6月30日 水曜日 午後5時 必着

地域振興枠 2021年9月30日 木曜日 午後5時 必着

(注意)期限超過後の申請は受付ません。

申請をご検討の際は、商工振興課新産業推進係まで事前にご相談ください。

電話0256-77-8232(直通)

関係資料等

事業認定関係様式

2.燕市税の納税状況確認に係る同意書 又は 燕市税の納税証明書(このページの下部参照)

その他様式

関連リンク

「ふるなび」によるクラウドファンディングについてはこちらをご覧ください

採択事業

2018年度採択事業

2018年度採択事業の内容
No 事業名 事業者 事業内容
1 与右衛門無言舘活性化事業 一般財団法人与右衛門無言舘 与右衛門無言舘は、歴史秘話や先人の縁の品を公開することにより、歴史と文化を未来に継承していくために設置した資料館であり、本制度を利用して管理体制や情報発信の強化を図り、全国にPRすることで来館者の増加を図る。

2020年度採択事業

2020年度採択事業の内容
No 事業名 事業者 事業内容
1 若者デザインコンペティション燕vol.4大賞受賞作品製品化事業 株式会社タケダ 燕市では、高度な技術を持つ燕市内のものづくり企業と、革新性やデザイン性などにおいて秀でた視点を持つ学生や若手デザイナーとのマッチングを図り、付加価値の高い新製品の開発を行うことを目的として「若monoデザインコンペティション燕」を開催しています。この事業では2019年度に開催したvol.4の大賞受賞作品3点の製品化に向けた試作開発を行います。
プロジェクトページ⇒「ものづくりのまち燕の技術で、若者のデザインを形にします

「燕市税の納税状況確認に係る同意書」又は「燕市税の納税証明書」

各種補助金等の申請時には燕市税の納税状況が良好なものなどの要件が定められています。そのため、次の書類もあわせて提出してください。

 

(1)燕市税の納税状況確認に係る同意書

燕市が申請者の納税状況を確認すること等に同意する場合に提出してください。この同意書を提出する場合は(2)の提出は不要です。

燕市税の納税状況確認に係る同意書(Excelファイル:13.6KB)

燕市税の納税状況確認に係る同意書(PDFファイル:434.9KB)

(記入例)燕市税の納税状況確認に係る同意書(PDFファイル:603.1KB)

 

(2)燕市税の納税証明書

上の(1)によらず、燕市税の全税目に未納がないことを証する燕市が発行する証明書です。この証明書の交付を受けた場合は(1)の提出は不要です。

納税証明書交付申請書(Wordファイル:39.5KB)

納税証明書交付申請書(PDFファイル:116.8KB)

(記入例:法人)納税証明書交付申請書(PDFファイル:131.1KB)

(記入例:個人事業主)納税証明書交付申請書(PDFファイル:131.7KB)

 

証明書の申請手続き

1. 燕市税の納税証明書の発行を希望するときで、納税後おおむね2週間以内に請求する場合は、納税が確認できるもの(領収書又は引き落としの通帳(写し可))をお持ちください。

2. 燕市税の納税証明書は、市役所2階3・4番窓口の収納課(午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く))で交付しています。

3. 燕市税の納税証明書は、時間外窓口や休日窓口のときに交付することはできません。

4. 燕市税の納税証明書は有料です。1通300円の手数料がかかります。

5. 燕市税の納税証明書の交付申請時には本人確認を行います。窓口にいらっしゃる人は運転免許証、健康保険被保険者証、写真入りのマイナンバーカードのどれかひとつを必ずお持ちください。

6. 燕市税の納税証明書の申請用紙と証明用紙は、以下の各支援策の下の欄からダウンロード(2種類の用紙です。合計3枚で1セットになります。)してください。

7. その他、ご不明な点は担当までお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 商工振興課 新産業推進係

〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地

電話番号:0256-77-8232

メールフォームによるお問い合わせ