出産育児一時金直接支払制度

更新日:2021年03月01日

お子さんを出産するときにはたくさんの費用がかかります。まとまった出産費用を事前にご準備していただく負担をやわらげ、少しでも安心して出産をむかえていただくための制度です。

内容:出産前に医療機関で申請していただくことにより、医療保険者(社会保険・国民健康保険)から直接病院などに出産育児一時金を支払う制度です。
原則として42万円の範囲内で出産費用が支払われます。出産にかかった費用が42万円を超える場合は、退院時に差額をお支払いください。42万円未満の場合は保険者より差額が支給になります。

(注意)燕市国民健康保険の人は、出産後に申請していただくことにより出産育児一時金の44万円との差額2万円(出産にかかった費用が42万円未満の場合はその差額)が支給になります。

(注意)従来どおり、医療機関等で出産費用をお支払いののち、出産育児一時金の支給申請をしていただく方法もあります。

お問い合わせ:
燕市国民健康保険に加入の人…保険年金課 国保係 電話0256-77-8132
それ以外の健康保険に加入の人…加入先の健康保険へお問い合わせください。
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか